堤聖也、対戦した穴口さんを追悼

2024年02月19日 14:48
ボクシング「2023年度年間優秀選手表彰式」に出席した堤聖也(C)ORICON NewS inc.
(C)ORICON NewS inc.

 プロボクサーの堤聖也が19日、都内で行われたボクシング「2023年度年間優秀選手表彰式」に出席し、努力・敢闘賞、年間最高試合賞を受賞した。その後、囲み取材に応じた堤は、昨年12月26日に対戦した穴口一輝さんが亡くなったことを受け、現在の思いを語った。

【動画】堤聖也、穴口一輝さんについて初めて語る「本物のボクサーでした」

 穴口さんは東京・有明アリーナでの同試合で、ボクシングの日本バンタム級王座に挑戦。堤との試合後に意識不明となり、今月2日に逝去した。

 試合後に初めて公の場に登場した堤。年間最高試合賞も受賞した同試合について「あの試合は、お互いがお互いの持ち味を全部出しきった試合だと思っていて、対戦した僕にしか分からないことかもしれないけど、穴口選手は本物のボクサーだなと思いました。悔やまれるのは、この日一緒にいられなかったことです。心よりご冥福をお祈りします」と追悼した。

 続けて「ずっと覚悟を持ってボクシングをやっているので…。いつも試合前はこれで終わるかもしれないと考えて試合に臨んでいるので、意識がないと話を聞いた時から、回復を心から願っていたけど、どこかで覚悟はあった。でも家族のことを思うと、何も言葉がでません」と言葉を紡いだ。

 堤は「あの試合は誇りに思っている」といい、「彼との試合だけじゃなく、人生のつぶし合いだと思ってボクシングをやっているから、これまで戦ってきた人それぞれに思いがある。これからは僕の拳、人生に彼の思いが乗っているので、全て覚悟したうえで、僕のスタイルのボクシングを見せていきたい。世界は必ず獲ります」と宣言した。

 同賞は、国内のプロボクシングを統括する日本ボクシングコミッション(JBC)、ジム会長らで構成される日本プロボクシング協会および東京運動記者クラブ・ボクシング分科会により、各賞が決定する。

(提供:オリコン)