孟容疑者に“関わるべきでない”側近らトランプ氏に
 カナダで逮捕されたファーウェイ副会長の孟容疑者の捜査を巡って、トランプ大統領に介入を控えるよう側近らが進言していたとアメリカメディアが報じました。  13日付のウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、この事件への介入を示唆したトランプ大統領に対し、側近らが「この問題に関わるべきではない」と助言したということです。さらに、「これは司法省の案件で、ホワイトハウス側が現時点でできることはない」と説明したとしています。孟容疑者は、12日にはカナダの公安省などを訪れていました。今後は、カナダの裁判所がアメリカからの正式な要請を受けて孟容疑者の身柄を引き渡すかが焦点です。
更新時間:2018年12月14日 12:42