10億円の予想も ゴッホの未公開絵画が競売へ

2021年02月26日 07:03
 19世紀の有名画家「ゴッホ」の未公開絵画がオークションにかけられることになりました。10億円ほどの額になると予想されています。  作品はゴッホが1887年に当時暮らしていたパリ・モンマルトルの街の風景を描いたものです。  100年以上個人が所有していて、カタログに掲載されたことはあるものの、実物が一般に公開されるのは初めてです。  来月25日にパリでオークションが予定され、その前にオランダや香港でも展示されます。  競売会社はゴッホのモンマルトル時代の作品が市場に出ることはほとんどないとして、500万から800万ユーロ、日本円で6億円から10億円余りになるとみています。

これまでに入っているニュース