アジア大会の合同チーム協議 南北スポーツ当局者
 韓国と北朝鮮は18日、8月に開かれるアジア大会への合同チームでの参加などを協議するため、スポーツ当局者の会談を板門店(パンムンジョム)で開きました。  南北スポーツ会談は午前10時から、板門店の韓国側施設「平和の家」で始まりました。韓国と北朝鮮のスポーツ当局の高官が8月からインドネシアで開催されるアジア大会への合同チームの派遣や南北統一バスケットボール大会の実施について協議します。スポーツ交流は4月の南北首脳会談での板門店宣言に盛り込まれていて、関係改善の象徴として積極的な動きが続く見通しです。22日には、朝鮮戦争の離散家族の再会事業を話し合う南北赤十字会談も北朝鮮の金剛山(クムガンサン)で行われる予定です。
更新時間:2018年06月18日 13:09