タイの施設で壁に穴開け…25人逃走 今も20人逃走中
接続中

 20日未明、タイ南部にある入国管理局の施設から収容されていた男25人が逃走しました。男たちはいずれも、中国の少数民族「ウイグル族」とみられています。  現地メディアなどによりますと、午前2時ごろ、マレーシアとの国境に近いタイ南部ソンクラー県にある入国管理局の施設から、密入国の疑いで収容されていた男25人が逃走しました。そのうち5人はすぐに逮捕されましたが、残る20人は今も逃走を続けています。タイ警察当局によりますと、男らは鋭利な道具を使って壁2カ所に穴を開け、その穴から逃走したということです。また、収容施設の看守は「当時は雨が激しく降っていたこともあり、特別な音は聞こえなかった」と話しているということです。男らはいずれも中国の少数民族「ウイグル族」とみられ、警察が行方を追っています。

更新時間:2017年11月22日 00:32

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.