メキシコ 水中洞窟に石器時代の鉱物採掘跡

2020年07月05日 23:30
 メキシコの水中洞窟で1万2000年前の鉱物採掘の痕跡が発見されました。  幻想的な雰囲気が漂う水中洞窟。そこには石器時代の人々が鉱物を採掘していた痕跡が残っていました。メキシコ・ユカタン半島の水中洞窟を調査した研究者らによりますと、中から採掘のために掘った穴や石槌(いしづち)のような採掘道具、作業をしていた人たちが迷子にならないように位置を表示していた目印などが見つかったということです。研究者はこれらを約1万2000年前の人々が壁画の材料となる鉱物を採掘していた証拠だと分析しています。当時、この洞窟はまだ陸地でしたが、最後の氷河期の後、海水面が上昇したことで水没したということです。

これまでに入っているニュース