GW10連休前に 農水省「アフリカ豚コレラ」警戒強化

2019年04月23日 06:34
 今週末から始まる10連休を前に、「アフリカ豚コレラ」の国内感染を防ぐため農林水産省が空港などでの警戒を強化しています。  アフリカ豚コレラは通常の豚コレラより致死率が高いうえにワクチンがないため、肉製品に含まれてウイルスが持ち込まれると養豚産業などに大きな被害が出ます。農水省は22日から意図的に肉製品を申告しないで持ち込もうとした人には警告書を出し、従わなかった場合は警察に通報するなど警戒を強化しています。1月には中国からの乗客が持ち込もうとしたソーセージから感染力のあるウイルスが見つかり、農水省は10連休中に海外旅行をした場合でも肉製品を持ち帰らないよう注意を呼び掛けています。

これまでに入っているニュース