「飲食店に焦点を当てたまん延防止措置のあり方見直しを」全国知事会

2022年05月17日 19:30
 新型コロナウイルスに関する政府の対応などを検証する有識者会議で、自治体から「飲食店に焦点を当てた、まん延防止措置の在り方は見直すべき」との意見が出されました。  全国知事会・平井伸治会長:「飲食店対策にいわばフォーカスした、まん延防止等重点措置は改めた方が良いのではないか」  会議では地方自治体などとの意見交換が行われ、全国知事会の平井会長は「現在は学校や高齢者施設での感染が多く、飲食店での感染は限定的」として、実情に応じた対策に変えるべきだと指摘しました。  また、経団連はマスクの着用について「政府が基本的な方針を示してほしい」などと要請しました。  今後、政府分科会の尾身会長らからも話を聞き、来月、政府への提言を取りまとめる方針です。

これまでに入っているニュース