愛知県ではしか感染が拡大 東郷町で1歳女児が感染

愛知県東郷町で新たに1歳の女児がはしかの感染が確認されました。はしかが流行している沖縄から帰ってきた男性から、病院で感染したと見られています。

愛知県によりますとはしかの感染が確認されたのは東郷町に住む1歳の女児です。女児は、10日に東郷町の診療所を受診していましたが、沖縄旅行後にはしかと診断された名古屋市内の10代の男性も同じ日に受診をしていました。県は、女児が診療所内で男性から感染した可能性が高いとみています。愛知県では24日までに5人のはしかの感染が報告されていて県は注意喚起をしています。

更新時間:2018年4月25日 08:00