愛知県 多くの公立小中学校で授業再開 豊橋市の小学校では分散登校を実施 1年生は初授業も

2020年5月25日 11:45
愛知県の多くの公立の小中学校で、25日から授業が再開されました。

 このうち、分散登校となった豊橋市の東田小学校では、全校児童470人のうち約半数の児童が登校し、教師が児童たちに熱がないか確認し、児童は手洗いやうがいをして教室に入りました。

 1年生の教室では、先月の入学式以来、初めての授業が行われ、児童がペンを使って自分の名前を書く練習に取り組みました。

 また、6年生の教室では、児童が約3カ月ぶりとなる国語の授業を受けました。

 豊橋市では、来月1日から市内すべての小中学校で通常通りの授業を行うとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る