稀勢の里きょうから休場 9月場所に続き3横綱不在
接続中

 大相撲の横綱・稀勢の里が11月場所10日目の21日から休場することが決まりました。  稀勢の里関の休場は師匠の田子ノ浦親方が朝に明かしたもので、「腰部挫傷と左足前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)損傷で約1カ月の安静加療を要する」という診断書を提出したということです。稀勢の里関は20日に宝富士関に敗れるなど、今場所5敗と黒星を先行させていました。

更新時間:2017年11月21日 13:26