NGT長谷川玲奈&菅原りこも卒業

2019年04月22日 06:30
NGT48卒業を発表した(左から)長谷川玲奈、山口真帆、菅原りこ(C)AKS
(C)ORICON NewS inc.

 NGT48チームG“解散”となる『逆上がり』千秋楽公演が21日、新潟・NGT48劇場で行われた。暴行事件被害者の山口真帆(23)が1月10日の劇場3周年記念公演以来101日ぶりに出演した公演でグループからの卒業を発表し、山口を支えてきた長谷川玲奈(18)と菅原りこ(18)も卒業を決めた。

【公演写真】101日ぶりに劇場公演に出演した山口真帆

 公演最後の手つなぎあいさつ前、まずは長谷川が口火を切った。「昨年の総選挙のランクイン(77位)からアイカブの声優のお仕事や、これからもっともっと頑張らなきゃいけない時に急な発表となってしまい、そして、この状況で皆さんにたくさんの不安や悲しい気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ございません」と頭を下げると、「私は本当にチームGが大好きで、チームGになれてすごく幸せでした。残りわずかのアイドル活動ですが、最後まで私らしく全力で頑張っていきたいと思うので、これからも応援していただけたらうれしいです。本当にありがとうございました」とあいさつした。

 今年1月に左ひざを手術し、一部出演となった菅原も続いた。「私はたくさんの方々に笑顔、勇気、そして強い心をいただいてきました。私がつらい時も、皆さんから届いたたくさんのお手紙や、握手会などでの温かいお言葉、そして一緒に頑張ろうって言ってくれた言葉、ずっとずっと忘れません」とファンに感謝。「これからも、こんな私を支えてくださって応援してくださる皆様と一緒に、また一緒の夢を追いかけて行けたらいいなと思います。本当に私に笑顔や感謝の気持ちをくれてありがとうございました。上を向いて、一歩ずつでも少しずつでも前に向かって進めるように頑張って行きたいと思います」と決意を語った。

 そして「私、山口真帆はNGT48を卒業します」と切り出した山口は「私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした」と暴行被害の告発に至った理由を説明。「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」「目をそらしてはいけない問題に対して、『そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない』というのが、このグループの答えでした」と無念さをにじませた。

 続けて「私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、(長谷川)玲奈と、(菅原)りこと、もふ(村雲颯香)でした。みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました」と明かすと、「最終活動日は、玲奈とりこと一緒に、5月18日の卒業公演となります。けがで今日の公演に出られていなかったりことリハビリを頑張って、またステージで、笑顔で、今度は夢に向かって歩いていく姿を皆さんに見せることができたら、うれしいです」と5月18日に合同で卒業公演を行うことも発表した。

 この日の公演をもってチームNIII、チームGが解体され、「NGT48一期生」と「NGT48研究生」の体制に移行する。

(提供:オリコン)