横山裕『GINZA』で“今”語る

2020年12月04日 10:00
『GINZA』2021年1月号に関ジャニ∞の横山裕が登場 (C)マガジンハウス
(C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・関ジャニ∞の横山裕(39)が、11日発売の月刊女性ファッション誌『GINZA』(マガジンハウス刊)1月号『センスのいい人が毎日、使うもの』特集に登場。6ページにわたるスペシャルシューティングとインタビューで、来年40歳という節目を迎える横山の“今”に迫る。

関ジャニ∞・横山裕のTV出演情報

 とある木曜のレギュラー番組収録前に現れた横山。くしゃっと無造作な金髪に色白の肌、オーバーサイズのデニムジャケットを着た姿がまるで外国の少年を思わせる佇まいだ。そんな彼も来年は40歳。「歳を経て角がとれて丸くなってきた。でも芯は強くなっている気がします」と今の自分について語る。現場では編集部も驚く速さで着替えをすませ、即スタンバイ完了。撮影に集中するストイックさが印象的だったという。

 来年2月には松尾スズキ原作の名作舞台『マシーン日記』に出演。「舞台に立つのはやはり怖いですし、難しいし、パワーを使うし。でも松尾さんの作品を観て(中略)楽しみに思えてきた。今は早く稽古したいなという気持ちになっています」と、新たなチャレンジについて熱く語っている。

 『センスのいい人が毎日、使うもの』特集のほか、永山瑛太の連載には石田ゆり子が登場。歌舞伎俳優の片岡千之助のロングインタビュー、松本まりかのファッションシューティングも掲載されている。

(提供:オリコン)