台風21号 23日に列島直撃の恐れ 北北東に進む
接続中

 今年、最も発達している台風21号は、23日に列島を直撃する恐れがあります。  21日午前6時の台風の進路図を見ると、超大型で非常に強い台風21号は日本の南海上を北北東に進んでいます。台風プラス前線活動の活発化で過去にも大雨となったパターンに近付いています。すでに衆院選の投票繰り上げが行われているなど様々な影響が出ていますが、現在、大潮の時期を迎えていることから、高潮被害にも今後、注意が必要です。

更新時間:2017年10月21日 08:12