【全国天気】台風15号は今夜にも九州上陸の恐れ
 台風15号、これから九州に接近します。この後、夜遅く、宮崎県を中心とした九州に上陸する恐れが高く、あす朝にかけて通過していきそうです。比較的、小さい台風のため、近付いてくると急に風が強まります。九州、四国で最大瞬間風速30メートル以上が予想されます。また、雨も急に激しく降ってきそうです。  台風の塊が掛かり始めるのが午後11時、午前0時前後で、あす早朝にかけて非常に激しい雨が降りそうです。また、台風から離れている四国でも強い雨が降り、さらにあす日中は中国地方含めて西日本全体的に活発な雨雲が掛かり、夜にかけて激しい雨が続く恐れがあります。台風は遠ざかりますが、台風が引き込む湿った空気が流れ込み、雨雲の発達が持続するためです。予想雨量もミリ以上と多く、災害発生の恐れが高まってきますので警戒して下さい。  また、北日本でも大雨の恐れがあります。こちらでは、前線が停滞して活発になるためで、雨雲が発達します。北日本でも急な川の増水などの恐れがあり、警戒が必要です。そして、きょうも東日本を中心に雷雨となっています。関甲信から北陸西部、岐阜にかけて落雷が集中している所があり、竜巻注意情報も発表されています。この後、夜も午後9時ごろまでは激しい雷雨になる所がありますからご注意下さい。  《全国の天気》  ■西日本は、特に九州や四国の太平洋側で激しい雨が降り続きそうです。中国地方でも局地的に雨が強まります。また、東北北部から北海道も断続的に雨が強まり、激しく降る所がありそうです。  ■最高気温はきょうより低くなる所が多く、西日本で猛暑日になる所は少なくなりそうです。ただ、反対に湿度は高くなるでしょう。一方、長野や金沢は35度と猛暑日が続きます。
更新時間:2018年08月14日 17:49