「差別のない多国間貿易を」習主席 改革開放40年
 中国が近代化へ進むきっかけとなった改革開放路線への転換から18日で40年です。習近平国家主席は記念演説で、「差別のない多国間貿易」を主張しました。  中国・習近平国家主席:「国際関係の民主化を提唱し、自分の意思を無理やり押し付けることや他国の内政干渉、弱い者いじめにも反対だ」  習主席は「この40年の実践が証明しているように、特色ある社会主義の基本路線は完全に正しい」と主張したうえで、米中貿易問題を念頭に「差別のない多国間貿易を支持し、促進していきたい」と強調しました。故・トウ小平氏が進めた「改革開放政策」は1978年の12月18日に始まり、社会主義の計画体制で経済が低迷するなか、海外資本の導入や市場原理も取り入れて中国に驚異的な成長をもたらしました。ただこの40年、国際社会が期待した民主化は進まず、習主席への権力集中も一層、強まっています。
更新時間:2018年12月18日 15:14