ビットコイン、一時100万円割れ 規制強化に警戒感
接続中

 ビットコインの下落が止まりません。国内の一部の取引所では一時、価格が100万円を下回りました。  インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」の価格は、去年12月に初めて1ビットコインあたり200万円を突破するなど1年間で20倍近く上昇していましたが、16日から急速に下げ足を速め、17日の午前中には国内の一部の取引所で一時、100万円を割り込みました。背景には、ビットコインなどの仮想通貨に対する世界的な規制強化への警戒感があります。韓国の政府高官が仮想通貨の取引禁止に言及したほか、ドイツ連銀の幹部が世界規模で規制すべきと発言した報道などが影響しているとみられています。仮想通貨市場ではビットコインだけでなく、様々な通貨に売りが広がっています。国内の取引所が運営する投資家らの掲示板には、「売りたくても売れない」「まだ下がる」といったパニック的な書き込みも登場しています。

更新時間:2018年01月18日 00:04