名大医学部教授を逮捕 長女を殴りけがをさせた疑い
接続中

名古屋大学医学部の教授の男が、長女の顔などを十数発殴りけがをさせたとして逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは名古屋大学医学部の教授、日比英晴容疑者(54)です。警察によりますと日比容疑者は20日午後10時ごろ、自宅で同居する長女(23)の顔や頭などを十数発殴り軽いけがをさせた疑いがもたれています。調べに対し日比容疑者は「十数発も殴っていない」と容疑を一部否認しているということです。日比容疑者は妻と子ども3人の5人家族で、警察は当時の状況や経緯について詳しく調べています。

更新時間:2017年8月21日 20:07