豊田市で男子小学生が熱中症で死亡 校外学習後に教室で倒れる
愛知県豊田市の小学1年の男子児童が熱中症で死亡しました。
豊田市教育委員会によりますと、死亡したのは梅坪小学校の1年の男子児童(6)です。男子児童は17日午前10時すぎから校外学習で近くの公園に出かけ、30分ほど遊具などで遊んだ後、午前11時半ごろ学校に戻りました。その後、男子児童は教室で意識を失い、正午ごろ病院に救急搬送されました。約1時間後に死亡が確認されたということです。豊田市教育委員会の学校教育課の鈴木直樹課長は会見で「死因は熱射病と聞いている」と報告しました。厚生労働省によりますと熱射病は熱中症の重度の症状です。豊田市の午前11時の気温は33,4度でした。梅坪小学校の藪下隆校長は「今回、高温の中で(校外学習に)行かせたことは結果的に大事な子どもの命をなくすことになった。判断が甘かった」と話しました。教育委員会は夏の校内外の活動について注意喚起の徹底に努めたいとしています。
更新時間:2018年7月17日 19:13