横断歩道を渡っていた81歳の女性が車にはねられ死亡 愛知・北名古屋市

愛知県北名古屋市で横断歩道を渡っていた81歳の女性が車にはねられ死亡しました。
20日午後6時40分ごろ、北名古屋市沖村沖浦の信号交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた古澤民枝さん(81)が右折してきた車にはねられました。古澤さんは頭と胸を強く打っており病院に運ばれましたが約2時間後に死亡しました。警察は乗用車を運転していた名古屋市西区の会社員の男(49)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。男は調べに対し「歩行者がいるのに気付かなかった」と話しており、警察は事故の詳しい状況などを調べています。

更新時間:2018年10月21日 00:15