池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ ~南海トラフ地震を生き抜くには~

2021年9月5日(日)午後3時28分~4時55分

池上彰が徹底解説!メ~テレ取材陣が徹底取材!

池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ

出 演池上彰 竹下景子 井戸田潤 浅尾美和 島津咲苗(メ~テレアナウンサー)

2011年の東日本大震災以降、ジャーナリスト・池上彰さんとメ~テレ災害取材班が毎年制作している防災・減災特別番組の第10弾を9月5日に放送します。

この地方に大きな被害が想定される「南海トラフ地震」。皆さんはこの「南海トラフ地震」のしくみや対策についてどこまで知っているでしょうか?「大地震はなぜ起こる?」「襲ってくる津波の高さは?」番組では、いまさら聞けない南海トラフ地震の基礎知識について、実験などを交えて池上彰さんが解説します。

池上彰さんが現場取材「こんなところに盛り土が…」

7月に発生した静岡・熱海市での土砂災害では、違法性が疑われる「盛り土」が被害を大きくさせたと指摘されています。実は「盛り土」は私たちの身近な場所にも存在します。今回、池上彰さんは愛知県春日井市で「盛り土」を徹底取材。
「盛り土ってどんな場所にあるのか」「盛り土って危険なのか」
取材を通じ、「盛り土」についてさまざまなことが分かりました。

池上彰さん「東京のキー局では伝えられないことがある」

Q.ローカル局で防災取材を続けることの意義をどのように考えていますか?

池上彰「東京のキー局でも防災に関する番組を担当しますが、幅広く一般論しかできないんですよね。そこの圏域、地域の放送局の役割ってとても大事で、とりわけ人の命を守るのは、はっきり言ってキー局ではなく、それぞれのローカル局だと思っているんですね。だからこそ『ここはこういう所が危ないから気を付けましょう』ということを取り上げることにとても意味があるんじゃないかなと思います」

Q.メ~テレでの防災番組は今回で10回目を迎えます。これまでの放送を振り返って思うことは?

池上彰「その年ごとに、地震対策や水害対策を取り上げてきました。その時々によって災害の形も変わってくるし、科学的知見と最新情報に基づいた対策というのも取られるようになってきています。そういったことを伝えてきた10回だったかなと思いますね」

ゲストコメント

竹下景子さん
竹下景子さん

東日本大震災から10年がたって、地震と津波の本当の恐ろしさとか、備えるべきことをこれからも繰り返し自分の中に叩き込んでおかないといけないなと強く感じました。

井戸田潤さん
井戸田潤さん

身の回りのリスクを確認するところから始めないといけないなと感じました。
あと、エレベーターで“アレ”を確認することって大事ですね。

浅尾美和さん
浅尾美和さん

今回も知らなかったことをたくさん知ることができました。地震の揺れの長さについての解説は目からウロコでした。知ったことをたくさんの人に伝えたい。まずは家族から、それから近所の人、自治会の人たちに教えたいです。