東海地方のニュース

医師法違反で2人目の容疑者逮捕

岐阜県羽島市の内科診療所で医師がいないのに注射などの医療行為が行われていたとされ元事務長が逮捕されている事件で、警察は新たに診療所の元代表を逮捕しました。

医師法違反の疑いで新たに逮捕されたのは、羽島市にあった内科診療所「陽光クリニック」の元代表、仲嶋淑人容疑者(48)です。仲嶋容疑者は去年、医師免許を持っていないにも関わらず看護師に指示を出し、患者4人に医薬品を注射した疑いがもたれています。警察によりますと、仲嶋容疑者は薬について、「がんなどの万病に効く」と患者に説明していたということです。仲嶋容疑者は、容疑を否認しています。

更新時間:2014年10月22日 00:29