東海地方のニュース

愛知・清須市役所で公金など約22万円不明 盗難か

愛知県の清須市役所で公金や個人などの現金約22万円が無くなっていることが分かり、警察が盗難事件とみて調べています。

17日午前10時ごろ、清須市役所の2階にある防災行政課や人材秘書課、3階にある産業課が管理しているロッカーでそれぞれ保管していた公金約11万5000円のほか、個人の現金や職員同士の積立金合わせて約22万円が無くなっていると市役所の職員が警察に届け出ました。警察によりますと17日午前0時ごろ、それぞれの課の職員が帰宅する際、公金がロッカーの中にあることを確認しており、宿直勤務に就いていた職員数人も「庁舎内に異常はなかった」と話しているということです。警察は盗難事件と断定。公金保管のロッカーや現金が入っていた机の引き出しの鍵に異常が見られず、庁舎内に物色された形跡もないことから、内部の事情に詳しい者の犯行と見て調べています。

更新時間:2015年04月18日 08:02