MRJ試験4号機が初飛行 飛行試験は3機体制に

25日、国産初のジェット旅客機MRJの試験4号機が愛知県豊山町の県営名古屋空港から初飛行しました。

MRJの試験4号機は、25日午前11時すぎに県営名古屋空港を飛び立ちました。太平洋の試験空域で、基本的な飛行特性を確認したあと、約3時間後に名古屋空港に着陸しました。MRJの飛行試験は、去年11月に初飛行した1号機と、今年5月に初飛行した2号機の合わせて3機体制となり、飛行機の安全認証である型式証明の取得に向けて、飛行試験を加速させていく方針です。

更新時間:2016年9月25日 20:46