• 最新の放送内容
  • バックナンバー

2019年2月3日放送

バックナンバー 一覧へ

視聴者の声

  • 夕方のニュース情報番組『UP!』にいただいたご意見です。お伊勢さんの特集で、旅行者と思われる方が「今だとアワビ、伊勢エビが旬ですね」と言っていました。鳥羽及び志摩産のアワビの旬は夏場ではないでしょうか?視聴者に誤解を与えるような情報の提供は、いかがなものかと思います。しっかり確認してから放送するべきではないでしょうか。

全国漁業協同組合連合会のホームページによると、アワビの旬は7月から9月とされており、放送した時期はアワビの禁漁期にあたり、旬のものではありませんでした。今後は、このような誤解を与えないよう街頭インタビューの内容についても確認のうえ放送いたします。

UP!

  • 『Sound Storm』にいただいたご意見です。天気図の日付表記が放送日と違っています。日付だけが間違っているのか、以前の天気図が使われているのかは不明です。以前も同じように違っていることがありました。

2018年12月19日、22日、23日の放送で、システムの不具合により一部の天気情報が更新されないまま放送してしまいました。大変申し訳ございませんでした。今後このような不具合を生じることのないよう努めてまいります。

メ~テレ放送番組審議会からのお知らせ

第600回メ~テレ放送番組審議会(1月15日開催)では、2018年9月22日に全国ネットで放送したメ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』について審議しました。

放送倫理・番組向上機構(BPO)からのお知らせ

放送倫理検証委員会は第133回委員会(1月11日開催)で、日本テレビ『謎とき冒険バラエティー世界の果てまでイッテQ!』の「祭り企画 」と呼ばれるコーナー企画で、2017年2月に「タイでの祭り」として放送された「カリフラワー祭り」と、2018年5月に「ラオスでの祭り」として放送された「橋祭り」の二つの企画の他、追加の報告書と放送済みの番組素材の提出を求めて討議しました。

問題が指摘されている「祭り企画」では、本来あった“世界の「祭り」に挑戦する”という要素が薄れ、「祭り」の舞台設定やルールを番組用にアレンジしてしまった点で、海外で行われている祭りそのものだと思っている視聴者の信頼を裏切ることになったのではないかといった意見が相次ぎました。また、複数の「祭り企画」を見ると、異なる「祭り」を同じナレーションで紹介している放送があり、長寿番組になる過程で、ナレーションや作り方が定型化してしまい、そのことが今回指摘されたような問題を見過ごす背景にあったのではないかという意見も出されました。

その結果、委員会はバラエティー番組の演出の視点に加え、こうした点について番組スタッフがどう考えていたのか直接話を聞いて放送倫理上の問題について確認したいとして、ふたつの「祭り企画」を対象に審議入りすることを決めました。

また、放送人権委員会は第265回委員会(1月15日開催)で、2017年12月に放送されたTBSテレビ『新・情報7daysニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2017決定版』の放送に対して、俳優の細川茂樹さんが謝罪と名誉回復措置を求めて申し立てた事案について、第2回起草委員会で起草した「委員会決定」案の修正案が示され、審理しました。

各論点に対する評価や表現などについて意見が交わされ、さらに第3回起草委員会を開いて修正を行い、次回の委員会に提案することになりました。詳しくはBPOのホームページをご覧ください。

次回の放送は2019年3月3日(日)朝5時からです。

メ~テレでは皆様からのご意見やご感想を真摯に受け止め、今後のよりよい番組作りにいかしてまいります。番組に対するご意見は

にお寄せください。