• 最新の放送内容
  • バックナンバー

2019年12月1日放送

バックナンバー 一覧へ

視聴者の声

  • メ~テレのキャラクター「ウルフィ」についてのご質問です。「ウルフィ」は何ですか?犬ですか?キツネですか?以前は羊ではなかったですよね?変わったのですか?

「ウルフィ」は羊の皮をかぶった狼のキャラクターです。以前は羊の皮を脱いで出演していましたが、10 月から羊の皮をかぶって『ドデスカ!』『アップ!』に出演しています。

  • 「豊田合成リンク」についてのお問い合わせです。毎年、職場の帰りにオアシス21でスケートをしていました。豊田合成リンクについて詳しい情報を教えてください。

氷じゃないスケートリンク「豊田合成リンク」は、今年で11年目を迎え、累計入場者数が39万人を突破しました。転んでも濡れない、冷たくないので、学校・会社帰りやお買い物ついでに気軽に遊んでいただけます。2020年3月1日までオアシス21銀河の広場で行われています。皆さまお誘いあわせのうえ 、ぜひ遊びにいらしてください。

豊田合成リンク

メ~テレ放送番組審議会からのお知らせ

第609回メ~テレ放送番組審議会(11月12日開催)では、夕方のニュース情報番組『アップ!』について審議しました。

放送倫理・番組向上機構(BPO)からのお知らせ

放送倫理検証委員会は第143回委員会(11月8日開催)で、テレビ朝日の『スーパーJチャンネル』とTBSテレビの『クレイジージャーニー』ついて審議入りすることを決めました。

テレビ朝日は3月15日、報道番組『スーパーJチャンネル』で放送した「業務用スーパーマーケットの意外な利用法」という企画について、スーパーの買い物客4人が取材ディレクターの知人だったとして、記者会見を開き謝罪しました。制作はテレビ朝日の関連会社に業務委託されており、取材したのは別のプロダクションから、この関連会社に派遣されていたディレクターでした。このディレクターは、企画の取材にあたって、一人でカメラも回しロケ取材を行っていたということです。委員会は、制作の経緯を知る必要があるとしてテレビ朝日に報告書と同録DVDの提出を求めたうえで討議し、審議入りを決めたものです。

また、TBSテレビが8 月14 日に放送したバラエティー番組『クレイジージャーニー』で、海外に生息する珍しい動物を捕獲する企画を放送した際、番組スタッフが事前に準備した動物を、その場で発見したかのように見せる不適切な演出を行っていたことが明らかになりました。放送後に外部からの指摘を受け、TBSテレビが社内調査をしたところ、紹介した動物6種類のうち4種類が事前に現地の協力者に依頼して捕獲し、生息地付近に放すなどしたものを使って撮影していたことが分かりました。委員会は、制作の経緯を知る必要があるとしてTBSテレビに報告書と同録DVDの提出を求めたうえで討議を継続し、審議入りを決めたものです。

放送人権委員会は10月30日、「情報公開請求に基づく報道に対する申立て」に関する委員会決定を公表しました。対象となったのは、1月21日に秋田県内で放送された「NHKニュースこまち845」で、情報公開請求などで明らかになった過去5年間の県内国公立大学での教員のハラスメントによる処分に関するニュースの放送です。この放送について、秋田県内の男性教員は「不正確な情報をあたかも実際に起きたかのように報道され、正常に勤務できなくなった」としてNHKに謝罪を求め、委員会に申立書を提出していました。

委員会は、委員会決定を通知・公表し、この放送は情報公開請求を通じて得た情報をもとにニュースとして伝えたもので、大学名と男性教員であるということ以外、申立人に関する個人情報は含まれていないことなどから、名誉棄損は成立しないと判断。また担当記者の取材の仕方についても、放送倫理に求められる事実の正確性と真実に迫る努力などの観点に照らして問題はないという見解を示しました。

次回の放送は2020年1月5日(日)朝5時からです。

メ~テレでは皆様からのご意見やご感想を真摯に受け止め、今後のよりよい番組作りにいかしてまいります。番組に対するご意見は

にお寄せください。