10/9(金)『本気のしるし 劇場版』公開記念 舞台挨拶決定!!

TVドラマ版『本気のしるし』が日本民間放送連盟賞で優秀賞受賞!

映画『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督が、初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ『本気のしるし』。2019年10月からメ~テレ他で放送されると、通常のドラマとは一線を画すクオリティで多くのファンの話題を呼び、「日本ドラマの金字塔」(白石晃士/監督)、「凄まじい傑作」(成馬零一/ライター)など、作品を高く評価する声を多数いただきました。
その反響に後押しされて、2020年10月に未公開シーンを入れた“ディレクターズカット版”の劇場公開が決定。
さらにこの度、本作が第73回カンヌ国際映画祭のOfficial Selection 2020(オフィシャルセレクション2020) 作品に選出されました。コミック原作もの、加えて地方局のドラマ作品を再編集した映画であるという点で今回の選出は異例であり、深田晃司監督のテレビドラマの枠から逸脱する演出力の高さをカンヌ国際映画祭が高く評価しました。

辻一路役:森崎ウィン

ドラマとしてスタートしたこの作品が劇場版として、こんな歴史ある映画祭に選ばれたことを誇りに思います。
純粋に嬉しいです!ありがとうございます。これをモチベーションに日々精進して参ります。

葉山浮世役:土村芳

この作品に携わった全ての人の思いがカンヌへ届いた事、素晴らしいチームに、浮世に出会えた事、感謝の気持ちでいっぱいです。
沢山の人達がこの物語と出会ってくれますように…!

原作:星里もちる

こんな隅っこのミニマムな物語が、広い世界で見られるのかと思うと、興奮が抑えられません。

監督:深田晃司

ただただ驚いています。共感度0.1%と銘打たれた4時間に及ぶ物語の0.1%がフランスまで届いたのは、俳優・スタッフの尽力、まさに「本気のしるし」に他なりません。これを機に辻くんと浮世さんのグズグズな恋愛が世界中で愛されることを願っています。
星里先生、やりました!

イントロ & ストーリーへ