竹田 基起

PROFILE

三度の飯と
「本」が好き

「ゲームチェンジャー」

新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいます。
集団・個別接種以外に大規模接種も行われ、愛知県では名古屋空港ターミナルビルと藤田医科大学病院で実施されています(6月14日時点)。
藤田医科大学病院では、毎日正午から午後10時まで接種会場を開き、仕事終わりの方などの接種にも一役買っています。
1日の接種回数は1000回以上。夜はキャンセル対応などにも追われています。



大変な中でも、接種の指揮を執る岩田充永副院長は、「ワクワクしている」と話します。
「接種に来ている人たちと、一緒に乗り越えようという一体感のようなものを感じられている」からだそうです。
岩田副院長は常々、ワクチンのことを「ゲームチェンジャー」と呼びます。
その「ゲームチェンジャー」によって、岩田副院長の言う「今となれば幸せだった元通りの日常」を取り戻せることを願います。


岩田先生からお声がけいただいて撮った写真。
接種会場でお手伝いをしている学生のみなさんも誘うなど、
現場の雰囲気作りもしていました。


関連記事