ドデスカ!

月~金 あさ6:00



全力リサーチ:多くの方が「ギモン」に思っている身近な不思議を徹底調査。時間をかけて視聴者が「納得」できる結果を導き出します。

全力リサーチ「名古屋ハロウィーン事情」

全力リサーチ「名古屋ハロウィーン事情」

10月31日。
昨今、渋谷の異様なハロウィーンの光景が取り沙汰されることが多いですが、ここ名古屋はどうなのか?取材しました。

【大須商店街】
およそ200人の子ども達が仮装をし、商店街の皆さんからお菓子をもらい盛り上がっていました。

【栄】
大規模なイベントが行われており、特にオアシス21はややカオス状態。
「自由の女神像」や「自動販売機」など、枠にとらわれない大胆な仮装で街を盛り上げていました。

【自宅パーティー派】
一方、街でハロウィーンの予定を調査してみたところ、「街には出ず、自宅でパーティーをする」という人が多く、またロフト名古屋でも、去年と比べ、全身コスチュームのエリアを減らすかわりに自宅パーティー用のワンポイントアイテムを増やし、お菓子エリアは1.5倍に拡大していました。

【仮装を調査】
ドン・キホーテにて今年の新作コスチュームは「ひょっこりはん」。
街には「メイプル超合金」などの有名人の仮装をする人も多数発見。

およそ200人のイベント参加者を調査したところ、1番人気だった仮装はアニメや映画などのキャラクター系、続いて警察官などの職業系、その次にゾンビなどの怖い系という結果に。
怖い系が少ないのには、可愛さを重視するという意見が多くありました。

ちなみに「ハンバーグ師匠」の仮装をする人は1人も見つけることができませんでした。

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー