ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ

時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。
身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「望木アナ“謎発言”大回収スペシャル」

望木聡子アナウンサーがドデスカ!卒業・・・
そこで、今回のあらゆるサーチは「望木アナ“謎発言”大回収スペシャル」!

謎発言その(1)「とごった」

望木アナは沈殿してる様子のことを「とごった」と発言。
津市の皆さんにも、粉が沈殿している、この状態を何というか聞いてみると・・・
なんと9割の方が「とごる」を使うと回答。

皇學館大学・齋藤教授に話を聞くと・・・
凝固という意味の「凝る」から「止まる」の「と」をミックスして生じたのではないかとのこと。
さらに、三重県で多く使われている方言でした。

謎発言その(2)「蜂蜜まんじゅう」「カレー焼き」

「丸くてあんこの入った和菓子、呼び名あり過ぎ問題」を特集した際、望木アナは「その系統のものだと「蜂蜜まんじゅう」か「カレー焼き」」と発言。

津市民によると、「蜂蜜まんじゅう」は津のご当地グルメ的存在なんだとか!
そんな蜂蜜まんじゅうの正式名称は「蜂蜜まん」とのこと。
表面パリッと、中はふっくらとした生地に、甘さ控えめのこしあん。
さらに、はちみつが使用されていました!

そして、カレー焼きはコッペパン状の形をしており、なかにはキャベツや玉ねぎなどが入ったカレーあん。
発祥は広島県にある「ヤマト食品」です。
昭和30年ごろにカレー焼きの機械を販売し、全国に広めました。
現在では、佐賀、福岡、広島、京都、福井、そして三重県津市で食べられます。

さらに、このカレー焼きは今川焼きと同じものなのか聞いてみると・・・
親戚という見解になりました。
ちなみに、カレー焼きのあんこを注文するときは「カレー焼きのあんこください」になるんだそう!

取材先
蜂蜜まん本舗
住所
三重県津市大門8-5
定休日
水曜日
電話
059-228-3012
紹介商品・価格
「蜂蜜まん」60円

謎発言その(3)「恩田さん」

望木アナはこれまで「恩田さん」に憧れている、目標にしていると発言。
そこで、中京テレビ・アナウンサーの恩田千佐子さんを直撃。
どうしたら「望木アナは恩田さんになれるのか」聞いてみると・・・
「かっこつけない」ことが大切とのこと。
また、32年続ければ何か見えてくるものがあるのでは・・・とコメントいただきました。

※掲載している情報は放送時のものです。

  • 【ウルプレ】毎週当たる!ポイントを貯めてプレゼントをゲット!応募はコチラ
  • ドデスカ!ch
  • ドデスカ!コーナー記事配信中<メ~テレタイムライン>
  • 東海のみんなでソラをライブ(月~木)参加方法はこちらへ
  • ウルフィ星座占い
  • あらゆるサーチ 身の回りの謎・疑問を大募集! 採用されたらQUOカード5000円分プレゼント!