ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ

時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。
身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「すき焼きに角麩 入れる派?入れない派?」

冬のごちそう「すき焼き」ですが、東海地方の独特の具材「角麩」を入れる・入れないについて論争が勃発!?

そもそも角麩とは、主に小麦粉を原料とした麩の一種。
東海地方のスーパーでは、寒くなるこの時期が売り上げ最盛期。
煮物などで愛用され、この地域で親しまれる超ローカル食材。
そんな角麩について、全国製麩工業会は「すき焼きに角麩を入れるのは、愛知・岐阜だけ」と回答。

すき焼きに角麩を入れるのは、主に愛知の尾張地方・岐阜の西濃地方

町で調査すると、たしかに「角麩はすき焼きになくてはならない存在」という意見も多かったんです。
ところが、「角麩は、すき焼きに入れるなんて聞いたことない」という声も。

そこで、「入れる派・入れない派」の分布図を作成したところ、愛知の尾張地方・岐阜の西濃地方と、限定的な地域の方だけが、角麩をすき焼きに入れていると判明!いったいなぜか?

岐阜の老舗の麩屋さんに聞いたところ、「美味しい角麩を作るためには、水が重要。
木曽三川が流れる尾張地方や西濃地方は、水に恵まれた地域なので、麩をつくる会社も昔から多く、周辺の出身者にとって、身近にあった角麩をすき焼きに入れたのでは?」とのことでした。

※掲載している情報は放送時のものです。

  • 【ウルプレ】毎週当たる!ポイントを貯めてプレゼントをゲット!応募はコチラ
  • ドデスカ!ch
  • ドデスカ!コーナー記事配信中<メ~テレタイムライン>
  • 東海のみんなでソラをライブ(月~木)参加方法はこちらへ
  • ウルフィ星座占い
  • あらゆるサーチ 身の回りの謎・疑問を大募集! 採用されたらQUOカード5000円分プレゼント!