ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ:時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。 身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「岐阜県民 から揚げ食べる頻度1位の謎」

岐阜県民 から揚げ食べる頻度1位の謎

先月、ニチレイフーズが発表した
「から揚げを食べる頻度 都道府県別ランキング」
なんと岐阜県が、1カ月に1回以上食べる人の割合が全国1位という結果に。

しかし、岐阜県の去年の結果は42位。
この一年で岐阜県に何があったのか聞いてみると、どうやらから揚げのテイクアウト店が増えたことが原因のよう。

ドデスカ!が調査してみると2020年は20店舗、2021年は42店舗に急増。
実際にから揚げ専門店「から好し」ではテイクアウトのお客さんが増えたそう。

では、なぜテイクアウトのお店が増えたのかというと
(1)から揚げ屋さんは始めやすい
少ない設備投資で提供できるとのこと。

(2)広い駐車場に併設している
岐阜県の飲食店は駐車場が広く、その土地を有効活用するためにから揚げ店を置いているのだそう。

今年一年岐阜県民がから揚げの食べる頻度が急浮上した理由について、大名古屋唐揚協会の長谷川さんは、岐阜県民にとって昔から鶏肉にゆかりがあり、テイクアウト店が増えたことによってから揚げ店へよく行くようになったのでは、とのことでした。

場所協力

から好し 瑞穂別府店

RonRon

寄合所 耕

から助 多治見宝町店

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー