ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ:時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「常滑市あるある」

東海3県の地方あるある第15弾!
セントレア開港を皮切りに急速な発展をとげる
愛知県常滑市の地元あるあるを調査しました!

(1) 受験に良くない市名

常に滑ると書いて、とこなめ。特にいまの受験シーズンは気にしてしまいがちだそうで、
「受験のお守りを買いに行く際は、常滑じゃなく岡崎まで買いに行く」という人もいました。
また、気にするのは受験生だけでなく、常滑に来る芸人さんも。
「縁起悪いからスベらないよう気を付けます」が常套句だといいます。
このままではダメだと、常滑市はスベるイメ-ジ払拭へ。無料配布している合格祈願カードには、常滑の「滑」の字をひっくり返して、「常にスベらない」という意味を込めたそう。
また、受験シーズンになると常滑駅の改札口前には合格祈願の招き猫を設置。
肉球がつるつるではなく、ザラザラに仕上げてあるので「スベらない」とのこと。

(2) あんかけスパ「カルソー」

あんかけスパといえば、名古屋ではミラカンなどが定番ですが、常滑ではカルソーこそ、あんかけスパの鉄板メニューなんだとか。
発祥の店は常滑ですが、その味を引き継いだ知多市の「かみむら」で調査!
すると、カルソーとは、「カルボナーラ」に「あんかけソース」をかけたスパゲティのことでした!本場イタリアのカルボナーラがベースで生クリームを使わず、味付けは卵と黒コショウ。
濃厚な味が好まれ人気メニューになったんだとか。

(3) 常滑市民みんなサドル高い

常滑市内を調査していると、学生たちの自転車のサドルが高いことが判明。
なぜなのか聞いてみると、「低いとダサい」「高いとカッコいい」という意見が続々と出てきました。サドルの高さこそステータスなんだとか。また、坂が多いということもサドルを高くする要因のひとつでもあり、座っていても漕ぐのが楽とのことでした。

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー

advertisement