ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ:時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「名古屋の由来を調査」

あらゆるサーチ「名古屋の由来を調査」

きょうのあらゆるサーチは、
名古屋という地名の由来を大調査!!

まずは、名古屋市民に聞いてみます。
・なごむところ
・有名な古い屋敷
・なごを売っているところ

納得できそうな意見もありましたが、果たして真実は?

まずは「名古屋市史」を見てみます。
そこにあった説は…
●武士の集落 根小屋 説
室町時代。武士たちの集落を「根小屋(ねごや)」と呼んだ。
名古屋には根小屋がたくさんあり、
ネゴヤがなまってナゴヤになった説。

続いて名古屋文化に詳しい2人の専門家にも聞きます。
・地名に詳しい杉野さん
●那古野と書いてナゴヤ 説
那古野庄とは平安時代にあった荘園。

・名古屋の伝統芸能に詳しい 安田さん
●名古屋弁 霧=ナゴ 説
・昔は霧が立ちやすかった名古屋。
 霧(ナゴ)が深い野→ナゴヤになったという説。

さらに、全く別の視点「地形説」「異国文化説」を提唱する2人の学者を発見!

・愛知県立大学 大塚教授
●平らな地形 ナギ 説
「ナギ」とは海や川の浸食などで平らになった土地のこと。
「ナギの野原」が転じ「ナギヤ」、「ナゴヤ」になったという説。

この説に至ったのには訳が…
 →全国各地にナゴヤがあるのが説明がつかない。

実はドデスカ!が調べただけでも8か所もの“ナゴヤ”が存在!

中でも佐賀県唐津市鎮西町名護屋には「名護屋城」があったとされています。
名護屋城を研究する武谷さんにこの「ナギ」説のことを伝えると…
 →この説は佐賀県の名護屋でも通用する有力な説との回答が。

続いて異国文化説。
・東京外国語大学 新江さん
●チャム族のチャム語 説
 ベトナムなどで今も暮らす少数部族「チャム族」
実は799年にチャム族と思われる男性が愛知県西尾市に漂着したと
されているんです。

チャム語で港町=「Nagar aia(ナガル ヤー)」がナゴヤの語源になったかもしれないとのこと!

ということで名古屋に留学しているチャム族の2人に話を聞くと…

チャム語で「Nagar aia(ナガル ヤー)」と名古屋は発音が似ているとのこと!

調査結果
今回の取材で5つの説が判明。
あなたはどの説を信じますか?

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー

advertisement