ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ:時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「スポーツ大好き愛知県民の実態」

運動にストイックな県ランキング 堂々1位の愛知県民。
彼らは外出自粛の期間中、一体どのように運動していたのか。

ユーチューブでトレーニング

外出自粛期間中はユーチューブを参考に自宅でトレーニングをしていた人が多数。
中には3800万回以上再生されているフィットネス動画「HAND CLAP」をしていた親子も。

ジム休業に苦しむ人

家で腕立て伏せなどをするも、やはり物足りない…。
今月1日にジムの休業要請が解除されると、そこにはマッチョ達が筋トレに勤しむ姿が。
中にはジムを「大人の遊園地」と表現する人も。

デリバリーマッチョ

リサーチしていると、オフィスや自宅にマッチョが宅配してくれるというサービスを発見。
その名もデリバリーマッチョ。
創業60年「今寿司」の店長が始めた宅配サービス。
「フィジーク」の世界大会で3位になった店長が配達し、要望があればサービスで脱ぐというもの。

電話 0120-052-910
(電話対応時間:10:00~17:00)
URL https://delivery-nagoya.com/

ランニングのマスク事情

多くの人が行っているランニング。
しかし、マスクをしてのランニングは、汗で濡れたマスクが口に密着し息苦しく思うように走れないという人が多かった。
そこでランナーたちのマスク事情を調査。
名城公園で取材した中で、特に人気の高かったマスク3つをご紹介。
題して「新・3大ランニングに最適なマスク」。

(1)バフ(hashini-Niにて2970円)
山中教授の紹介動画により人気急上昇。チューブ型のネックウェア。
(2)ヤケーヌ(1650円~)
西尾市にある丸福繊維が製造・販売している。
マスクの下の部分が開いており呼吸がしやすく、さらにマスクをつけたまま水を飲むこともできる。
(3)ウレタン製マスク
山田修作気象予報士オススメ。通気性が良くて息が普通にできる。

スポーツ医学を研究する久野教授によると、マスク着用時のランニングは15分~20分に一度水分補給をすべきとのこと。

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー