ドデスカ!

月~金 あさ6:00



あらゆるサーチ:時に〝あら〟く大胆に。時に〝ゆる〟く和やかに。〝あらゆる〟ギモンを徹底調査。身近な疑問から東海地方に渦巻く謎を、街の声と共にドデスカ!なりに解決へと導きます。

あらゆるサーチ「地方あるある第8弾 犬山」

あらゆるサーチ「地方あるある第8弾 犬山」

東海3県の地方のあるある第8弾!
愛知県犬山市を調査しました!

(1)犬山城があって、幸せ~

日本最古の木造天守として国宝に指定されている犬山城は、市民の誇り。
入場者数も2003年からどんどん増え、15年ほどで3倍にもなっています。

(2)犬山祭への愛情が深い

犬山城下町では、年に1度、50万人が訪れるビッグイベント「犬山祭」が開催!
13輌の車山と、カラクリが見どころのこのお祭り。
「365日祭りの事を忘れない!」という方がいるほど、市民に深く愛されているお祭りです。

(3)串にさせばオールオッケー

以前は、店もなく閑散としたシャッター街でしたが、今や多くの人で賑わう城下町。

なぜこんなに変わったのか?
そのキーマンが、犬山市観光協会の後藤真司さん。
多くの企画を出した中で、一番のヒットは、城下町内で食べ歩き出来る「串グルメ」。
「串に刺せばなんでもご当地グルメ」というルールで展開したところ、「恋小町だんご」が、SNS映え効果で爆発的な人気になるなど全国的にも注目を集めました。

(4)どこもかしこもハートだらけ

奇妙な像が立ち並ぶ「桃太郎神社」もSNS映えスポットとして、若い女性たちの注目を集めています。
そのため犬山市で商売をする人も、映えを意識。
タピオカや電球ソーダなど、若者の流行を詰め込んだラインナップを展開するお店や、以前から続くお店もチーズハットグを新しく発売していました。


そんな犬山市に、新たなブームの兆し!
縁結びで有名な、三光稲荷神社のハートの絵馬。
SNS映えすると話題沸騰、犬山市民のハートにも火を付けました。

ハート型のアイスに、焼きそばさえもハート型の目玉焼きをトッピング。
「ハートを求めてお客さんが来る」「ハートのものを探してしまう」というお話も。

ハート=犬山
犬山の更なる盛り上がりに繋がるかも?

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー

advertisement