月~金 あさ6:00



ニッポンど真ん中遺産:東海地方で遺産として残したい「人物」や「場所」「現象」などさまざまなモノを番組独自の目線で“遺産”に登録します。

ニッポンど真ん中遺産「東海珍パワースポット」

鹽竈神社

天保6年 名古屋城築城にあたり、築城安全・無病息災を祈願し 仙台の塩竈大明神を勧請し建てられた名古屋の鹽竈神社。製塩法を教えたという塩土老翁神(しおつちおぢのかみ)武甕槌神(たけみかづちのかみ・経津主神(ふつぬしのかみ) の三神がご祭神。さらに、安産の神様としてお宮参り・生育安全・虫封じ。七五三などの子どもさんの安全のお詣りも多いです。
境内では無三殿社(かっぱの神様)が祀られていて、痔病にご利益があるとされる。

住所 名古屋市中川区西日置1-7-10

手力神社

三重県 伊賀市にある手力神社は、天照大御神が天の岩屋に隠れた際、その岩戸を開けたと言われる天手力男神をおまつりする神社。賽銭箱の側に鈴を鳴らすために垂れ下がっている布綱が巨大化してミノムシのような形に。白い布に願い事を書き、結びつけると願い事が叶うと言われ、江戸時代から続いた結果 巨大化してしまったとされる。

住所 三重県伊賀市東湯舟1025

松井釣具店

岐阜県関市で釣具店を営む松井美昭さんは、長良川沿いを歩いていると流木の中に埋もれた大黒さまを発見。それを持ち帰り、お店の軒先におまつりしたら様々なご利益を授かった。
松井さんは、2カ月後 天皇陛下も参加された、歓迎レセプションに招待された。さらに、一緒に大黒さまを洗った友人は、その週に宝くじが当選したと言います。

住所 岐阜県関市山田36-15

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー

advertisement