• UP!
  • 特集
  • 注目ニュース
  • 暮らしの防災
  • 山田修作の「前略、お天気ですか?」
  • 出演者紹介
UP! 毎週月曜~金曜 夕方6:15から放送

『みんなのスクープ』ニュースや身近な話題の映像・情報を投稿して下さい。

データ放送 お天気3択

次回の予告

9月7日(月)
「町の洋食屋さん」

ハンバーグにオムライス、エビフライやクリームコロッケ…。
一口食べれば思わず笑顔が溢れる、洋食の数々。

愛知県蟹江町の洋食店では、東京の有名洋食店「たいめいけん」で修業した主人が腕を振るう。地元客に支えられ、長年、店を営んできた。その感謝の気持ちをカタチにしようと、地元の特産品「白イチジク」を使った町おこしの商品開発に、名乗りを上げたことも。美味しい洋食とともに、街の活性化に力を尽くしたいと、常に考えている。

名古屋市東区にある、ちょっと変わった名前の「呆喰亭 信夫(ほうくてい しのぶ)」。オーナーの女性シェフは、細やかな心配りと優しい味で、女性ファンを魅了する。人気のランチは、手作りする日替わりのソースが自慢で、毎日食べても飽きがこないという。

愛知県豊橋市の洋食店。ネギ入りのみそかつと、ウエイトレスを務める76歳の“お母ちゃん”が、店の名物だ。気ままで愛嬌たっぷりのウエイトレスが、今日も料理と元気を運んでいる。

そして、三重県志摩市には、他界した祖父が残した店と味を守りたいと、必死に、祖父の背中を追い続ける料理人がいた。祖父の自慢は、「パールコロッケ」。真珠の養殖に使われるアコヤ貝の貝柱を、ベシャメルソースと合わせコロッケにしたもので、長年、店の名物だった。その味に近づこうと、孫は今も、研鑽の日々を送る…。

客に愛され、家族で支えあう、「町の洋食屋さん」。

暮らしの防災

2015年9月1日(火)

「水圧の恐怖を知れ」

台風や集中豪雨などで水害が起きたとき、ドアの外側に水があふれていると、その「水圧」でドアが開かなくなることがあります。水深の違いでドアの動きはどう変わるのか、京都大学の防災研究所で実験しました。

バックナンバー

UP!視点

最も旬で関心の高いニュースを番組独自の視点で多角的に掘り下げてお伝えします。倉橋アナが毎日現場へ。積極的な取材で気になる情報をリポート!

advertisement

お天気情報

前略、お天気ですか?

山田 修作

『このところ雨の日が多いですね・・・』

詳細を見る

[9月3日(木)放送]

UP!モバイルサイト 番組で放送した特集の内容やヘルシーレシピを公開中。