これまでの旅

2016年9月17日放送

奥三河の優しき山里 愛知・設楽町編

「愛知・設楽町」を旅してゴメン!《したら町》とすぐに読めるのは、お笑いコンビ・バナナマンの影響ではないかと考えながら出発するウドちゃん。道路沿いを歩いていて見つけた、手づくり餃子チャーシューの看板に惹かれて「餃子倶楽部 あかまる」のお父さんにご挨拶。静岡県清水市から来たというお父さんの後継ぎは、なんと元お客様!営業開始前なので、後ほどお話を伺うことに。再び町を歩いていると、あの有名な“蓬莱泉”の大きな一升瓶を屋根の上に発見!「関谷醸造本社」の店内に入ると、試飲のためにサーバーで生原酒を注いでくださり、斬新さにびっくり!日本酒“可”のさわやかな味わいに舌鼓します♪店を後にして散策していると、手作りの交通安全の看板と人形が目に留まりました。気になる看板が置いてあるお宅の奥様にお話を伺うと、ご主人が作成されているそうです♪周りに子どもたちが集まり、その笑い声に元気付けられるというご主人。そんな子どもたちの交通安全を守っている素敵なご夫婦でした!また、先ほどの「餃子倶楽部 あかまる」に戻り、弟子が惚れ込んで受け継いだ絶品の餃子を頂きます♪お店や地元のことを思って頑張る大将と弟子の心意気に、感動したウドちゃんでした。続いて、視聴者情報を元に丸太ランプの職人さんに会うため、地元のバスに乗ると学生たちに遭遇!ウドちゃんの昔のことも思い出し、恋愛トークで盛り上がります♪バス停を降り進むと、木で作られた動物ベンチのある公園が。近くのお家には、《もしかしたら宮本》という不思議な看板もあります。近くの郵便局で情報を尋ねると、宮本さんを呼んでくださいました。元々、林業をしており、楽しんで木の芸術作品を作っているそうです♪偶然にも、視聴者情報の丸太のランプを作っているのも宮本さんでした。屋内にもたくさんのある木の作品は、どれも素晴らしくてビックリ!もしか《したら》宮本は、《したら》町とかかっていると謎も解けたところで、今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅メモ

愛知
設楽町
の旅!!
木で作る
動物ベンチ
芸術ランプ
見たらビックラ!?
「もしかしたら宮本」さん
木がウキウキ
オ~!!ベリーウッド!!
ルートマップ

インフォメーション

  • 名称:関谷醸造本社
    所在地:愛知県北設楽郡設楽町田口字町浦22
    連絡先:0536-62-0505
    営業時間:平日8:00~18:00 土曜・日曜・祝日 8:30~17:30
    定休日:年中無休
    ※ウドちゃんがいただいたものは、
    「特別純米酒<蓬莱泉 可。(べし)1231円/720ml(税別)>の生原酒」(サーバー量り売り)
    「純米大吟醸<蓬莱泉 美(び)2667円/720ml(税別)>の生原酒」(サーバー量り売り)
    ※詳しくはコチラ→https://www.houraisen.co.jp/ja/

  • 名称:餃子倶楽部 あかまる
    所在地:愛知県北設楽郡設楽町田口字上原2-4
    連絡先:0536-62-1766
    営業時間:平日11:30~14:00、17:00~22:00 、土曜・日曜11:00~22:00
    定休日:水曜
    ※ウドちゃんがいただいたものは、「あかまる餃子 324円」

  • 名称:工房もしかしたら
    所在地:愛知県北設楽郡設楽町神田字宮原9-1
    定休日:不定休
    ※詳しくはコチラ→http://mosikasitara.com/