これまでの旅

2014年2月22日放送

中山道宿場町 ぬくもりの終着駅 岐阜・大垣赤坂

「岐阜・大垣赤坂」を旅してゴメン!JR美濃赤坂駅スタート!駅前の観光マップを見ていると気になる名前の古墳を見つけ行ってみることにしました。その前に、「西鉄サロン」というお店にお邪魔し“モーニング”をいただくことに。店内に飾られていた汽車の写真を見ながら、色々なお話を伺いました。コチラのお店の名物は茶碗蒸し。夏でも温かい茶碗蒸しを食べることができるそうで、残っているか確認の電話があるほど人気メニューでした。町の中を歩いていると、風情のある町並みにうっとり。線路沿いを歩いていると、線路の真横にあるお茶屋さんを見つけそこから貨物列車を見ることができるか相談してみることにしました。すると快く承諾してくれたお父さん。お話を伺うと多くの鉄道ファンも訪れる場所でした。お話をしているとちょうど貨物を引いたディーゼル車がやって来て、目の前を通り過ぎて行く迫力満点の光景を見ることができました。さらに町を歩いていると、男性の方に声をかけていただき「金生山化石館」をすすめていただいたので向かってみることに。途中、趣味で30年程、陶芸を続けているというお父さんに出会いお話を伺いました。するとなんと自分用の窯を持ち、部屋にはろくろもありました。そして部屋の中に飾っている作品を見せていただくと、隣にはパソコンも置いてあり、自分から積極的に情報発信をするというお父さんに感心するウドちゃん。外に出るとちょうどお母さんもいらっしゃったので、お話を伺っていると2人の仲の良い様子に笑顔になるウドちゃんでした♪次に「金生山化石館」にやって来るも、この日は残念ながら休館日。その後「昼飯大塚古墳」を目指しながら進んでいましたが、お腹がすいてきたところでちょうど「明吟」というお食事処を見つけ“日替わり定食”をいただくことにしました。お昼時になると満席になるほど人気のお店。息子さんが小学生のときからお父さんを手伝い、同じ味を守ってきたというラーメンのお話を伺い親子の深い絆を感じました。再び「昼飯大塚古墳」を目指し歩いていると、声をかけてくださったお母さんがいらっしゃったので、古墳への行き方を尋ねると、一緒に歩いて案内していただきました。「昼飯大塚古墳」に到着し、一番上から辺り一面の美しい景色を楽しみ今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅メモ

岐阜・大垣
赤坂の旅!!
食欲を
そそる昼飯(ひるい)で
昼飯(ひるめし)を
食べる楽しみ
日替わりランチ!!

インフォメーション

  • 名称:西鉄サロン
    所在地:岐阜県大垣市赤坂町153-1
    連絡先:0584-71-3515
    営業時間:7:30~16:30
    定休日:日曜
    ※ウドちゃんがいただいたものは、「モーニング」350円

  • 名称:明吟
    所在地:岐阜県大垣市昼飯町170-2
    連絡先:0584-71-2075
    営業時間:11:00~14:30、17:00~20:30
    定休日:月曜
    ※ウドちゃんがいただいたものは、
     「日替わり定食C」1000円 ※内容は日によって異なります。

  • 名称:昼飯大塚古墳(ひるいおおつかこふん)
    所在地:岐阜県大垣市昼飯町