これまでの旅

2010年3月13日放送

仲春の彩り豊か 街道の町並み 愛知・足助町

「愛知・足助」を旅してゴメン!まずは、以前の旅でも訪れた「三州足助屋敷」へ向かいます。すると途中で、偶然にも「三州足助屋敷」のスタッフさんに遭遇。お仕事中でしたが、ウドちゃんのために施設まで案内してくれました。お話を伺うと2月上旬~3月上旬までの間、足助の古い町並みにある約140軒もの商店や民家が、各々の“ひな人形”を飾る「中馬のおひなさん」で賑わっているのだとか。早速ウドちゃんも見せていただくことに。三河特有の素朴な“土びな”に思わずウットリ♪そして、竹で作られた“ひな人形”や、大正時代の“ひな人形”、さらにはウドちゃんが生まれた年の“ひな人形”に出会い、個性豊かな“ひな人形”を堪能。途中、猪肉の旨味が凝縮された“猪汁”に気分がほっこり♪次に、見覚えのある通りに出たウドちゃん。そこは以前の旅でお会いした“発明おじさん”のモニュメントが展示された小道!新しい展示コーナーが増え、小道を彩る楽しさに感激。“発明おじさん”との懐かしの再会を果たした後は、視聴者情報で寄せられた「足助城」へ。戦国時代、足助を治めていたのが「鈴木氏」だと判明し、何だか親近感を持つウドちゃん。「足助城」から見渡す足助の町並みに、当時に思いを馳せながら旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅メモ

豊田・足助にて
戦国時代
足助を治めた
鈴木氏の
歴史とロマンにふれ
あっけにとられた
ウド鈴木氏
であった

インフォメーション

  • 施設名:三州足助屋敷
    所在地:愛知県豊田市足助町飯盛36
    連絡先:0565-62-1188
    開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
    休館日:木曜(祝日の場合は翌日)、6月の第3水曜、年末年始(12月25日~1月2日)
    ※入場料:大人500円、小中高生200円
    ※詳しくはコチラ→http://www.asuke.aitai.ne.jp/~yashiki/

  • 店名:塩の道づれ家
    所在地:愛知県豊田市足助町西町13-1
    連絡先:0565-62-2558
    営業時間:10:00~16:00
    定休日:火曜(※臨時休業あり)
    ※ウドちゃんがいただいたものは、「猪汁」400円(※3月末までの期間限定)

  • 施設名:足助城
    所在地:愛知県豊田市足助町須沢39-2
    連絡先:0565-62-0770
    開城時間:9:00~16:30(※入城は16:00まで)
    休城日:年末年始(12月28日~1月4日)
    入城料:大人300円、高校生100円