島津 咲苗

PROFILE

ほほ咲みの種

偉大な先輩

3月をもってメ~テレを卒業される杏奈さん。

3年前、名古屋に知り合いが一人もいなかった私をいろんな場所へ連れ出してくれたのは杏奈さんでした。
メ~テレに入社してすぐ、「東山動物園行こうよ!」と誘って下さったのを今でも覚えています。



動物園に行くと、「これはシャバーニでね。」「おじさんのような鳴き声で有名なフクロテナガザルのケイジくんはここにいて・・・」と次々と案内してくれたんです。
動物の居場所もしっかり把握していて、ツアーガイドをしてもらっているようでした。

この地方のことをここまで魅力的に語れるって素敵だなと感じるとともに、
東京出身の杏奈さんがこの地方に根差すアナウンサーになるために
並々ならぬ努力をして来たたことを知りました。



裕二さんの地元・緑区で開かれる有松絞りまつりのことを教えてくれたのも杏奈さんです。
日の光に照らされた絞りの浴衣はどれも美しく、あれも好きこれも好きと話しながら道を歩きました。
優柔不断な私は購入する浴衣を選ぶのに1時間以上かかり、かなり先輩を待たせてしまいましたが・・・それでも嫌な顔一つせず、相談に乗ってくれました。



名古屋城の桜がとても綺麗だということも教えてくれました。

他にも、郡上、犬山、伊勢・・・
どこかへ行くたびに杏奈さんにオススメを教えてもらっていました。

今では休みの度に遠出するようになりましたが、杏奈さんの影響が大きいです。


ドデスカ!を卒業するメンバーと木曜コメンテーターの皆さん


ロケ現場やスタジオはもちろんアナウンス部の歓送迎会など、どんな場面でも常に全体を見て、一歩先を予測して動いていました。

気配り・心配りができる先輩の存在が近くにあったからこそ、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまう自分の未熟さに気づけたと思います。

まだまだ杏奈さんには追い付けませんし、そんな風になるには何年かかるのだろうなと思いますが周りの人たちが気持ちよく過ごせるようにと心がけたいです。



伝え手としてふさわしい人間になれるように
規則正しい生活を送ったり
エコに気を使ったり
ルールをしっかり守ったり
疲れていても、朝眠くても、大きな声で挨拶したり
「当たり前だけど大切なこと」を一つ一つ大切にされていました。

上司・部下の関係を超えて教えて下さった沢山のこと、ずっと忘れません。
ありがとうございました。

杏奈さんの東京での生活も笑顔溢れる毎日になりますように。
そして、たまには、名古屋に戻ってきてください!


関連記事