タイトルリスト

第21話「再会には福きたる」

3月3日

タム(ウィルバー・パン)がドイツに旅立った後、ジェイ(藤岡竜雄)はハナ(レイニー・ヤン)への思いを吹っ切って新しい恋を進展させ、自分の誕生日にその相手と結婚を考えているともとれる発言をする。
一方、ハナは相変わらずオリジナル商品を販売する日々。なじみのお客さんとの話の中で、ハナが未だにタムの帰りを待っていることを知ったジョジョは「どんな条件でも飲む」というジェイとの約束を思い出し、ジェイの元にあるお願いをしに行く。

第20話「思えば思い通じる」

2月24日

タム(ウィルバー・パン)は最後の番組収録を終え、テレビ局から出てくると、そこには両親が。母親はドイツに行く前に一度タムに髪のセットを頼みたいと言い、初めて息子にやってもらう。セットの出来にとても満足した母親は父親にもセットをしてもらうように勧めるが、時間がないからと拒絶し…
ハナ(レイニー・ヤン)とエミ(ミシェル・チェン)の献身的な看病のかいもあり、ジェイ(藤岡竜雄)は意識を取り戻す。すると突然、ジェイはハナを誘って小学校に行き、自分の思いを伝える。

第19話「測り難きは人の心」

2月17日

交通事故に遭って一命を取り留めたジェイ(藤岡竜雄)だが、医師からは一生寝たきりになるかもしれないと言われてしまう。ジェイに一日も早く目を覚ましてもらおうと、ハナ(レイニー・ヤン)は一生懸命笑い話を聞かせるが、ジェイは相変わらず眠ったままである。
ジェイの病状はなかなか回復の兆しを見せないが、タム(ウィルバー・パン)がドイツに向かう日は近づいており、荷造りなどの準備も着々と進められている。そんな中、タムはジェイの病室を訪れ、意識の戻らないジェイにある決心を伝える。

第18話「夢追う者、恋選べず」

2月10日

ジュエリーコンテストに出品したハナ(レイニー・ヤン)の作品がノミネートされたことを知ったジェイ(藤岡竜雄)は、ジョジョ、トウズを誘い4人でお祝いすることに。ジェイは先日発表した新作香水の1本目をハナに手渡そうとするが、発表会での一件を申し訳なく思っているハナは快く受け取ることができない。
ちょうどその頃、同じ店に居合わせたテレビ局のスタッフに声をかけられたトウズ。2人の話からタム(ウィルバー・パン)がドイツに行くことを知り、ハナはショックを隠しきれない。

第17話「運命知らぬは本人ばかり」

2月3日

新作香水の発表会のテレビ中継でジェイ(藤岡竜雄)がハナ(レイニー・ヤン)との結婚を考えていることを知ったシュウは、急いで現場にかけつけ、アンに異父兄弟であるジェイとハナの結婚を考え直すように頼む。一方、ハナの祖母はアンから意外な真相を明かされ、あることを理由にジェイとハナの結婚を考え始める。
ある日、タム(ウィルバー・パン)はドイツの学校関係者からドイツで顧問スタイリストとして教壇に立たないかと話を持ちかけられ、タムはその場で承諾するが、コンテスト締め切り前のハナには内緒にすることに。

第16話「雨降って心固まる」

1月27日

ジェイ(藤岡竜雄)とタム(ウィルバー・パン)はハナ(レイニー・ヤン)をめぐって正々堂々と戦うことを誓い合う。ジェイは早速ジョジョにハナのことで自分に協力してほしいと頼み込む。
ジェイはハナの気持ちを取り戻そうと、家に入りきらないほどの花束を贈ったり、タムが仕事で忙しいのをいいことにディナーに誘ったりする。ハナには痛いほどジェイの気持ちが分かってはいたが、正直に今の気持ちを伝える。しかし、ジェイは自分にもチャンスが欲しいと言い…

第15話「止めても止まらぬ恋」

1月20日

ジェイ(藤岡竜雄)の祖母はアンからある秘密を打ち明けられ、手のひらを返したかのように、ジェイとハナ(レイニー・ヤン)との結婚に乗り気になる。早速ハナの家に出向き、ハナの祖母とシュウにジェイにもう一度チャンスを与えてほしいと頼み込む。表向きは了承したシュウであるが、ジェイとの結婚を避けるために、タム(ウィルバー・パン)にハナを託そうと直接会って話す。タムはシュウの勢いに押されて、ハナのことを守ると思わず承諾してしまうのだが…

第14話「想うに別れが…」

1月6日

エミ(ミシェル・チェン)はジェイ(藤岡竜雄)に自分の思いを伝えるが、また冗談だと思われてしまう。ジェイはエミのことを友達以上に考えられない上、てっきりエミはタム(ウィルバー・パン)のことが好きだと思っていただけに、この告白に戸惑う。ジェイの反応にショックを受けたエミは、ハナ(レイニー・ヤン)がジェイのことを思っているなら、自ら身を引こうと決心する。
アンはシュウにあることを確かめようと呼び出す。昔のことを謝りたいというアンを、シュウは責めることはしないが、もう忘れてほしいと足早に立ち去る。

第13話「男心も女心も秋模様」

12月23日

ハナ(レイニー・ヤン)の無実を証明しようと、ジョジョの推理を元にタム(ウィルバー・パン)はある行動に出る。タムはジーノに気付かれることなく、ジーノの口から香水の配合を入手方法について聞き出すことに成功する。そこで、タムはハナと一緒にアンに香水の件は誤解であったことを説明する。
アンからハナが香水の一件について説明を受けるジェイ(藤岡竜雄)だが、ハナへの自分の気持ちが分からなくなり始めていた。ハナもジェイと住む世界が違うと気づき、友達に戻ろうと決める。

第12話「真実はウソの裏にあり」

12月16日

ジェイ(藤岡竜雄)とタム(ウィルバー・パン)のやり取りを見て、ジェイに何を言っても信じてもらえないと思ったハナ(レイニー・ヤン)は自ら罪を認め、ジェイを突き放す。親友と彼女に裏切られたと思い込み、悲しみにうちひしがれたジェイは、帰り道に他人の車にぶつけた上、勢いで相手を殴ってしまい、警察沙汰に。
アンはハナにジェイとの結婚を諦めさせようと、直接お店に出向くが、ハナはおらず、父親のシュウと話すことになる。初めて会ったはずの2人だが…

第11話「泣きっ面に裏切り」

12月9日

会議をしているジェイ(藤岡竜雄)達の元に、突然ジーノがやってきて、アンと単独で話し合うことに。ジーノはある情報を握っており、3日以内に指定の金額を支払わなければ、他の会社と取引すると言い出す。しかもその情報の入手先はハナ(レイニー・ヤン)であると言い残す。
アンにジーノの一件を問いただされるハナだが、何のことなのかまったく分からず、戸惑う。会社の秘密を外部に漏らし、大きな損害をもたらしたハナをアンは警察につきだそうとする。

第10話「母の愛、海よりも深し」

12月2日

アンに命じられた契約がなかなかうまく取れないハナ(レイニー・ヤン)とトウズ。それを知ったリックは、タム(ウィルバー・パン)の母親を番組に出演するよう説得することを条件に、2人を手伝うことにする。
ハナはジェイ(藤岡竜雄)からタムの実家を聞き出し、直接両親に会いに行くことに。両親と話をすることはできたが、父親の反対にあい、母親の番組出演の許可は得られないまま、家をあとにする。そこでハナは祖母と一緒に女神にこのことをお願いするのだが…

第9話「恋の道に魔多し」

11月25日

ハナ(レイニー・ヤン)達と一緒に行ったクラブで踊りケガをしてしまったエミ(ミシェル・チェン)。痛々しいエミの姿を目にしたジェイ(藤岡竜雄)の母親アンと祖母から理由を問われ、エミはハナと遊びに行ったことを話す。ハナへの怒りがおさまらないアンは翌日ハナを呼び出し、短期間で契約を取り付けるよう命じる。
その日の夜、ジェイの提案でハナ、タム(ウィルバー・パン)、エミの4人は温泉宿に向かう。エミはまたタムにある作戦を持ちかけるが、ジェイのハナへの気持ちを聞き、ある決心をする。

第8話「嫌う人あれば助ける人もあり」

11月18日

ついにハナ(レイニー・ヤン)はジェイ(藤岡竜雄)の母親とおばあさんに対面することに。あまりの緊張でまともに話すことのできないハナに、あきれ果てたアンは早々と話を切り上げ、その場を去ろうとする。すると、ジェイはみんなの前でハナに思いがけないことを言い出したため、アンはハナとエミ(ミシェル・チェン)に会社で一緒に働くよう提案する。
出社初日からIDカードを忘れたり、服装を注意されたりとうまくいかないハナは、なんとなく自分にはふさわしくない所に来たかのような違和感を覚える。

第7話「親の思い、子知らず」

11月11日

ハナ(レイニー・ヤン)の祖母はジェイ(藤岡竜雄)の母親と祖母に会って、ハナとジェイの結婚について話し合う。2人の結婚どころか交際にすら反対のジェイの祖母と、ハナがジェイに嫁げるか知りたいハナの祖母。結局、ハナの祖母が一方的に話をまとめて、帰宅の途につく。
ハナの祖母の髪のセットを終え、シュウのセリフ覚えに付き合わされたタム(ウィルバー・パン)とリックは、ハナの祖母からジェイの母親と祖母との話し合いについて聞かされる。その内容から、タムはハナの家族全員がジェイの財産を狙っていると思いこんでしまい…

第6話「本命は悪知恵で奪え」

11月4日

エミ(ミシェル・チェン)はジェイ(藤岡竜雄)の母親がハナ(レイニー・ヤン)のことを認めてくれないのではないかと心配している振りをし、タム(ウィルバー・パン)にハナのイメチェンをするよう提案する。ハナはあまり乗り気ではなかったが、ジェイの励ましもあり、再びタムのレッスンを受けることになる。
エミにハナを誘惑するよう頼まれたタムは、レッスンの一環だと称して、ハナを試写会へ連れて行く。そこへジェイと一緒にエミが現われ、彼らの前でハナは失態を演じてしまう。

第5話「縁とは異なもの、味なもの」

10月28日

タム(ウィルバー・パン)のレッスンはついに最後となったが、今後も友達として仲良くしようというハナ(レイニー・ヤン)を、タムは二度と自分の前に現れるなと、冷たく突き放す。タムの態度に我慢ならなくなったハナも、今後は会ってもお互い知らない振りをしようと言い、タムの家を後にする。
ジェイ(藤岡竜雄)は自分の親友をハナに紹介したいからと、食事に誘う。ハナはタムがコーディネートしてくれた服を着て、約束のレストランを訪れると、ジェイと親友は先に到着している。その親友とはなんと…

第4話「ウソに負けても真実に勝つ」

10月21日

ハナ(レイニー・ヤン)のおかげでジーノ(パン・ユンウェイ)との対決に勝利したタム(ウィルバー・パン)は、ハナと2人でお祝いする。あまりのワインのおいしさに、ついつい飲みすぎてしまったハナは酔っ払い、ジェイ(藤岡竜雄)とのデートも忘れ、門限をすぎたのに家にも帰らず仕舞い。
前日酔いつぶれてそのまま寝てしまったタムとハナは、エミ(ミシェル・チェン)がタムの家に訪れたことで目を覚ます。その場をどうにか取り繕ったタムだったが、エミと話している時に昨夜の信じがたい記憶を取り戻す。

第3話「一難去ってまた次の問題」

10月14日

タム(ウィルバー・パン)はエミ(ミシェル・チェン)に誘われて、近くの公園でジョギングをする。好きな人はまだ見つからないというエミだが、タムに自分と付き合おうと言い、毎週ジョギングをすることになる。
ハナ(レイニー・ヤン)はタムの実践レッスンを通して自信をつけ、ついにジェイ(藤岡竜雄)とのディナーに出かける。以前に増してかわいくなったハナにジェイは思わずキスをしようとするが、次のデートまでお預けに。キスの経験のないハナはどうしていいか分からず、家族に聞いてみるのだが…

第2話「転ばぬ先のイメチェン」

10月7日

ハナ(レイニー・ヤン)はタクシーの運転手が手渡した物がタム(ウィルバー・パン)の大切にしているハサミだったことを知り、タムに直接イメチェンを頼むためにテレビ局を訪れる。どうしてもハサミを取り返したいタムはハナに3回だけレッスンを行うことをしぶしぶ承諾する。
ある日、突然ジェイ(藤岡竜雄)がハナに会いたいと電話してくる。変身するまでジェイに会うまいと心に決めたハナは、どうにかして断ろうとジェイを説得しようとするのだが、すでに家の前に来ていると言う。

第1話「出会ったが運の尽き」

9月30日

バーゲンに行った帰り道、バイクが故障してしまい困り果てたハナ(レイニー・ヤン)の前に1台のタクシーが停車する。それはカリスマスタイリストのタム(ウィルバー・パン)が呼んだものだったが、そんなことはまったく気にもとめないハナは無理やりタクシーに乗り込む。しかも、ハナは図々しくタムに話しかけ、彼の手がけたコーディネートにまでダメ出しする始末。もう二度と再会することはないかと思われた2人だったが…