• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

注目は氷上の演技派女優・横井ゆは菜 「QUEEN」の名曲で狙う女王の座 フィギュアGP

2021年10月21日 21:00
 冬の北京五輪まで4カ月を切りました。その前哨戦となるフィギュアスケートのグランプリシリーズが22日に開幕、第1戦アメリカ大会に名古屋市出身の横井ゆは菜選手が出場します。勝負のシーズンに選んだのは、誰もが知る世界的名曲でした。

名古屋市出身 横井ゆは菜 選手(21)

 浅田真央さんに安藤美姫さんなど、数々の名スケーターを五輪に輩出し続ける中京大学。

 そんなフィギュアスケートの名門の創立100周年の顔に大抜擢されたのが名古屋市出身の横井ゆは菜選手(21)です。

 PR動画の撮影でカメラを前にする姿は、女優さながらです。

 「あとあと光栄なことだったんだなって気づいたっという感じで、大学の中でもポスター貼られたりしていて、載っていることがちょっとネタになるなって思いましたね」(中京大学 横井ゆは菜 選手)
 

表現力が持ち味の横井選手

リンクの上でどんな役柄にもなる表現力が持ち味
 リンクの上でも、演技をするのはお手の物。

 感情が豊かで、どんな役柄にもなりきれる表現力が持ち味です。

 シニアデビュー以降も、国際大会でもガッツポーズを見せ、表彰台に上がってきました。
 

横井選手と大先輩の鈴木明子さん

大先輩・鈴木明子さんからのアドバイス
 ところが昨シーズン、不調が続き、思ったような演技ができませんでした。

 結果が出ず、落ち込む横井選手に手をさしのべたのが、スケートクラブの大先輩・鈴木明子さんでした。

 「一番の味方じゃなきゃいけないのに、自分が。こんな自分じゃダメだって投げやりになったりとか、そういうところが最終的に試合の場面に行った時に助けてくれるものがなくなっちゃう」

 「私は、すごいゆは菜のいいところだなって思うのは、感情がプログラムで出せることだと思うけど、でも、それをコントロールする自分がいないと勝ち続けられる選手ではいられないから。失敗しているのは次に成功するため」(鈴木明子さん)

 先輩の言葉に、思わず涙がこぼれました。
 

2021年1月に書き記した抱負『前向きに、がむしゃらに』

『前向きに、がむしゃらに』を抱負に…「後悔なく競技生活を終えるために」
 2021年1月、フィギュア界ではベテランの域に差し掛かった新成人が書き記した抱負は『前向きに、がむしゃらに』。

 「五輪っていうとまだ遠い存在だと思うんですけど、私も残りの競技人生短いと思うので、後悔なく競技生活を終えるためにも前向きにがむしゃらに取り組みたいなと思います」(横井ゆは菜 選手)
 

横井ゆは菜選手

選んだのは伝説のロックバンドの名曲
 気持ちを新たに、最初で最後と意気込む五輪シーズン。

 ショート・フリーともに振り付けを依頼したのは、宮本賢二さんです。

 先輩の鈴木明子さんや高橋大輔選手をオリンピックに導いた名作に、宇野昌磨選手のプログラムも手掛ける日本を代表する振付師です。

 その振り付けは、実にきめ細やかだといいます。

 「ここはこういう風に走るとか、ここの手はこうだとか1個1個決まっているので、意識的にやれていなかったところを全部指摘されているので、そこが一番今私に必要なものかなと思います」(横井ゆは菜 選手)

 『つい雑になりがち』なのが課題という横井選手、先端にまで行き届いた振り付けで、大事なシーズンに備えていました。

 「正直今のままじゃ、五輪代表の候補にもなれないと思うんですけど、なんとか爪痕を残していこうっていう、そういう気持ちを大事にしてやっていこうかなと思います」(横井ゆは菜 選手)
 

五輪の一次選考会で2位になった横井選手(2021年9月)

 9月末、五輪の一次選考会が開かれました。

 フリーで演じるのは、伝説のロックバンド・QUEENのメドレー。

 世界的ナンバーを、前向きにがむしゃらに、磨いてきた振り付けで表現し、ジャンプを次々に決めていきます。

 そして、メドレーのラストを飾る曲は、『We Are The Champions』です。

 「『くよくよしてる時間はない』という歌詞があるんだから、ちゃんとその通りにやろうと思って」(横井ゆは菜 選手)

 氷上の演技派QUEENが、会心の演技を見せ、ガッツポーズ。

 2020年には立てなかった表彰台に上り、10月22日から始まるグランプリシリーズに向け、復活の兆しを見せました。

 「2シーズン前、GPシリーズに出させていただいたんですけど、本当に幸せで、まさか自分がこの舞台に立てるなんてって思いで立っていたので、自分は幸せだなって思いながら今回のグランプリシリーズに臨みたいと思います」(横井ゆは菜 選手)
 

アメリカ大会に出場する地元選手

北京五輪の代表選考にも関わるグランプリシリーズ、初戦のアメリカ大会がいよいよ開幕
 横井ゆは菜選手が出場するグランプリシリーズ開幕戦のアメリカ大会は、現地時間の22日から始まります。

 アメリカ大会には、この地方から名古屋市出身の宇野昌磨選手、さらに東海市出身の木原龍一選手と中京大学の三浦璃来選手のペアも出場します。

(10月21日 15:40~放送メ~テレ『アップ!』「じもスポ」コーナーより)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る