「命のビザ」発給から80年…リトアニア駐日大使が杉原千畝の足跡たどる

2020年10月22日 23:38
 「命のビザ」の発給から80年を迎え愛知県内にある杉原千畝の母校などゆかりの地をリトアニアの駐日大使が訪れました。

 外交官だった杉原千畝は第2次世界大戦中リトアニアの領事館でユダヤ人難民にビザを発給し多くの命を救ったことで知られています。

 22日、リトアニアのゲディミナス・バルブオリス駐日大使が杉原千畝の母校を巡り、在校生と交流しました。

 また出身校などを結ぶ約4.5キロの「人道の道」を移動して功績を振り返りました。

 バルブオリス駐日大使は「杉原千畝のおかげで日本とリトアニアの心が近くなった」と話しました。

これまでに入っているニュース

もっと見る