三重で26人感染確認 同じ工場の従業員計3人が感染、接触者100人程度を調査

2021年4月15日 19:28
三重県では15日、新たに26人の新型コロナウイルス感染が確認されました。また新たに3人が変異ウイルスに感染していることがわかり、県内の変異ウイルス感染者は合わせて198人になりました。

 15日に三重県で新たに感染が確認されたのは26人で、地域別では四日市市で5人、鈴鹿市で4人などです。

 津市の40代の男性と鈴鹿市の50代の男性は県内にある製造業の同じ工場に勤めているということです。これで、この工場の従業員感染者は3人となり、他にも体調不良を訴えている従業員もいることから、県は接触者100人程度を対象に調査しています。

 名張市立病院では、60代の男性入院患者1人の感染が確認されました。男性は今月8日に肺炎症状がみられ入院していたということです。病院では14日に、ほかの入院患者やスタッフおよそ100人を検査しましたが全員陰性だったということです。 

 一方、これまでの感染者のうち新たに3人が変異ウイルスに感染していることがわかりました。これで県内の変異ウイルス感染者は合わせて198人になりました。

これまでに入っているニュース

もっと見る