13歳少女にみだらな行為の疑い、沖縄の自衛官逮捕 SNSで知り合い愛知へ会いにきたか

2021年1月20日 09:26
 2020年12月、愛知県大府市で13歳の少女にみだらな行為をしたとして、沖縄県の自衛官の男が逮捕されました。

 愛知県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、陸上自衛隊那覇駐屯地に所属する仲宗根健太容疑者(28)です。

 警察などによりますと、仲宗根容疑者は去年12月、大府市内のホテルで18歳未満と知りながら13歳の少女とみだらな行為をした疑いがもたれています。

 警察の調べに対し、仲宗根容疑者は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めています。

 2人は、2020年11月ごろにSNSを通じて知り合い、仲宗根容疑者が休暇を申請して愛知県を訪れていたということです。

 仲宗根容疑者は、2020年12月にも沖縄県で別の少女とみだらな行為をした疑いで逮捕され、1月18日付で30日間の停職処分を受けていました。

 那覇駐屯地は、「2度とこのような行為を起こさないよう職務指導を徹底し、再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る