• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

豊橋市が出荷量日本一「次郎柿」の出荷が最盛期 愛知県

2021年10月22日 11:44
愛知県豊橋市が、出荷量日本一を誇る柿「次郎柿」の出荷が、最盛期を迎えています。

 次郎柿は四角く平らな形で、シャキシャキした食感が特徴の甘柿です。

 豊橋市石巻本町のJA豊橋の選果場では、職員がベルトコンベヤーに流れる大量の次郎柿を、傷がついていないか一つ一つ確認し、その後、センサーを使って大きさや色などを調べました。

 JA豊橋によりますと、今年は5月中旬と8月中旬に降った長雨が生育に影響し、出荷量が減りましたが、例年通り味の良いものができたということです。

 出荷作業は11月中旬ごろまで続き、約1300トンが主に関東や関西方面に出荷されます。

これまでに入っているニュース

もっと見る