• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

愛工大名電が壮行会、集会やめ校内放送で 県岐阜商はオンライン

2021年8月2日 12:14
 夏の高校野球で甲子園出場を決めた愛知の愛工大名電と岐阜の県立岐阜商業で壮行会が行われました。

 3年ぶり13回目の出場となる愛工大名電では、感染症対策として、全校生徒が体育館に集まるのを取りやめ、代わりに校内放送でキャプテンらが、感謝の気持ちなどを述べました。

 「コロナ禍でも球場に足を運んだり画面越しで応援してくれたりした人が力となり、手愛知の頂点に立ち 甲子園への出場を決めることができました」(愛工大名電・田村俊介主将)

 その後、選手たちは優勝旗を持って校内を回り、生徒たちは拍手を送り、激励していました。

 一方、9年ぶり29回目の出場となる県立岐阜商業では、選手や監督が校内のホールで応援団からの激励や来賓からの祝辞を受けました。

 在校生は教室からオンラインで参加しました。

 「自分たちの目標である全国制覇を成し遂げ、岐阜の地に優勝旗を持って帰って来られるよう頑張ってまいりますので 応援のほどよろしくお願いします」(県岐阜商・高木翔斗主将)

 全国大会は3日に抽選会が行われ、9日に開幕します。

これまでに入っているニュース

もっと見る