• UP!
  • 特集
  • 山田修作の「前略、お天気ですか?」
  • パン屋コレクション
  • 番組紹介
  • 出演者紹介

山田修作の「前略、お天気ですか?」気象予報士・山田修作が、豆知識やクイズなどで楽しく分かりやすく、知って得するお天気情報をお知らせ♪

山田予報士のお天気3択
2018年6月12日(火)
『貴重な水資源です…』

気象庁の平年値によると、
梅雨時(6月・7月)に名古屋では、
1年の約何%の雨が降るでしょう?

 ● 25
 ● 35
 ● 45

正解は、25です。

6月・7月の降水量は、名古屋は約405mm、
津と高山も400mm前後、岐阜は約500mmで、
尾鷲が名古屋のほぼ2倍の約800mmです。

1年でどれだけの雨が6月・7月に
集中するかというと、各地とも25%前後です。
つまり年間の4分の1の雨が梅雨に降るんです。
このため、貴重な水資源になると言えます。

お天気情報はこちら

※掲載内容は、放送当時の情報です。
※全ての放送内容は掲載しません。ご了承ください。

バックナンバー

advertisement

メ~テレ公式twitter

advertisement