スペースジェット凍結報道に大村知事「方向性は揺るがない」

2020年10月23日 11:52
 国産初のジェット旅客機「スペースジェット」の開発の凍結が調整されていることについて、愛知県の大村知事は「航空宇宙産業を育てる方向性は揺るがない」と述べました。

 三菱重工は10月30日に中期経営計画を発表する方針で、子会社の三菱航空機が手掛ける「スペースジェット」は、新型コロナの影響による航空機需要の落ち込みなどから、開発の凍結が調整されています。

 愛知県は三菱航空機の拠点となる県営名古屋空港の整備などで協力してきました。

「航空宇宙産業を自動車に次ぐ第2の柱として大きく育てていくという方向性は揺るがない」(愛知県 大村秀章知事)

 また「三菱重工と連携し試練を乗り越えたい」と述べました。

これまでに入っているニュース

もっと見る