これまでの旅

2005年12月3日放送

岐阜・瑞浪編

旅の舞台は「岐阜・瑞浪」!地元の商店街で絶品のお餅やユニークなたこ焼きを堪能したり、スリル溢れる鬼岩公園の“岩屋くぐり”に挑戦したり、気ままな旅を展開!その後も、ヘルシーな麦とろ定食が味わえる穴場の食堂や、歴史ある地酒の蔵元を突撃訪問!最後は、神社の境内にあるという珍しい温泉に浸かり、旅の疲れを癒すウドちゃんでした。

ウドちゃんの旅メモ

瑞浪の
おっかなびっくりの岩屋くぐりを
行こうかどうか迷ったとき
スタッフのみんなは
急にボクを隊長に任命した
ボクは思った
鬼岩よりもスタッフのみんなが
こわいわ!!

インフォメーション

  • 『瑞浪名物!地元のお母さんも絶賛する柔らか~いお餅です!』
    店 名:「かんから屋」
    所在地:岐阜県瑞浪市寺河戸町1098(浪花通り商店街)
    連絡先:0572-68-2717
    営業時間:8:00~18:00
    定休日:不定休

    ※ ウドちゃんが頂いた「かんから餅」は、1人前(6個)500円。
    こし餡・きなこ・胡麻の3つの味が楽しめる。

  • 『ユニークなメニューに惹かれて立ち寄りました!』
    店 名:「たこやき・くらま」
    所在地:岐阜県瑞浪市寺河戸町1107-9(浪花通り商店街)
    連絡先:0572-68-2340
    営業時間:平日・気ままな時間、曜日・気が向く時間、祭日・勝手な時間
    定休日:毎週木曜日、デートの日

    ※ 大きなタコが入った自慢の「たこやき」は、小学生(6個)200円、中学生(9個)300円から、じいちゃん(24個)800円、愛人2号(45個)1500円まで、名前も数も様々。そのほか、ニンニク入りのスタミナたこ(12個)400円なども!

  • 『自然が創り出した秘境?!岩屋くぐりに挑戦しました!』
    名 称:「鬼岩公園」
    お問合せ先:0574-67-0285(鬼岩観光協会)

    ※ 「鬼岩公園」は、瑞浪市と御嵩町の間に位置する、その名の通り侵食された花崗岩の巨岩怪石が織り成す景勝地。飛騨木曽川国定公園の一部を占める。およそ800年ほど昔、岩山に関の太郎という鬼人が住んでいたという伝説が残る。なんでも、その鬼人が近隣住民や旅人に悪業の限りを尽くしたために誅伐されて、その名と岩が一緒になり「鬼岩」の名が付いたとか。
    ※ ウドちゃんが挑戦したのは「岩屋くぐりコース」。全長約180mのコースで、スリル満点、秘境のムードを味わうことが出来る!?なお、高齢者や子どもさんの散策は出来ないとのこと。

  • 『地元の方に愛される人気食堂!麦とろ定食は絶品!』
    店 名:「溝口屋」
    所在地:岐阜県瑞浪市釜戸町722-5
    連絡先:0572-63-2149
    営業時間:平日10:30~15:00、土日祝日10:30~19:30
    定休日:毎週水曜日

    ※ ウドちゃんが頂いたのは「麦とろ定食(馬刺し付)」1800円。

  • 『創業およそ300年の歴史を誇る蔵元!
      完全予約制のレストランもオススメ!』
    会社名:「中島醸造(株)」
    所在地:岐阜県瑞浪市寺土岐町7181-1
    連絡先:0572-68-3151(代)

    ※ 酒蔵の案内(要予約)のほか、試飲・販売を行っている。
    ※ また、広大な敷地内には「蔵元レストラン・仙橘軒(せんきつけん)」も!明治時代の建物の中で日本庭園を眺めながら、旬の素材を生かした料理と自慢のお酒が頂ける。
    御料理は3150円~(お酒などの飲料代は別途)。
    営業時間は、18:00~22:00、完全予約制で1日1組限定なので注意!
    なお、「仙橘軒(せんきつけん)」に関するお問合せは、
    0572-68-4183まで。
    ※ 詳しくはコチラ→http://www.shiroku.co.jp

  • 『神社の境内にあるという珍しい温泉!
     昔懐かしい空間に癒されます!』
    施設名:「稲荷温泉」
    所在地:岐阜県瑞浪市稲津町小里555
    連絡先:0572-68-3214
    営業時間:12:00~20:00
    定休日:毎週水曜日

    ※「日帰り入浴」大人500円、中学生300円、子ども(小学生以下)150円。
    ※「稲荷温泉」の泉質・効能は、下記の通り。
    ・泉質・・・ラジウム温泉
    ・効能・・・関節痛、筋肉痛、神経痛、痛風など。