INTRODUCTION


超規格外の“S.W.A.T.アクション大作” 待望のシーズン2が始動!
人気TVシリーズ「クリミナル・マインド」のシェマー・ムーア主演

ホンドー率いるS.W.A.T.チームは廃墟になっているアパートから、密輸された9人の子供たちを救おうとする。その瞬間、巨大地震がロサンゼルスを襲い、混乱に乗じて容疑者が少年を人質にとり、逃げ出してしまう。果たして、少年を無事に救出できるのか…? ホテルのバーで出会った検事補ニアとの新たな関係性を模索するホンドー、チームを追い出され、荒れた日々を過ごすストリート、警察委員会からチームの予算削減を迫られるヒックスとジェシカなど、新たな展開を迎えたチームの行く末は…。

CAST

  • ダニエル・“ホンドー”・ハレルソン :シェマー・ムーア(咲野 俊介)
  • ジェシカ・コルテス :ステファニー・シグマン(本田 貴子)
  • ジム・ストリート :アレックス・ラッセル(相葉 裕樹)
  • クリスティーナ・“クリス”・アロンソ :リナ・エスコ(種市 桃子)
  • ドミニク・ルカ :ケニー・ジョンソン(西村 太佑)
  • ヴィクター・タン :デヴィッド・リム(手塚 ヒロミチ)
  • ロバート・ヒックス :パトリック・セント・エスプリト(上田 燿司)
  • デヴィッド・“ディーコン”・ケイ :ジェイ・ハリントン(加藤 和樹)

EPISODE


  • 第1話 揺れる街

    第1話 揺れる街

    チームを追い出されたストリートは、バイクで賭けレースをするなど、荒れた日々を過ごしていた。一方ホンドーはホテルのバーで検事補のニアと出会い、意気投合して一夜を共にする。ヒックスとジェシカが警察委員会から予算の削減を迫られ対応に追われるなか、チームは子供の人身売買をしているドラモンドという男を捕らえるべく、アジトとなる廃墟アパートに出動する。

  • 第2話 ドラム缶

    第2話 ドラム缶

    ロサンゼルスの一軒家。トルコ人女性のジュビリーがトルコ人の暴漢に追われ、息子のルディを連れて逃げるが、家には娘のエラが取り残されていた。そこへパトロール中のストリート達が駆けつけ、エラを救出するが、犯人には逃げられてしまう。逃げたグループはトルコの麻薬組織「オメガ」であることが判明し…。

  • 第3話 炎上

    第3話 炎上

    ニアが担当する裁判の重要証人であるアンドレアの家で放火事件が発生し、パトロール中のストリートが駆けつけるが、間に合わずにアンドレアは焼死。補欠陪審員は恐れをなして辞任し、あと1人でも陪審員が欠けたら審理は無効に…。このピンチに、ニアとチームは事件の実行犯とペトロシアンがつながっていることを立証するために協力することに。

  • 第4話 同胞の罪

    第4話 同胞の罪

    中国系のシェン・クワンが率いる一味が車両基地の貨物列車を襲い、警備員を殺して逃走。クワンは連邦保安官が追っていた逃亡犯であり、チームに協力要請が来る。その要請をしたエリックは、なんとニアの夫であることが判明する。一方ストリートは、母親の寝室でドラッグを発見してしまい…。

  • 第5話 SOS

    第5話 SOS

    ストリートはチームに再入隊するため、採用の1枠を目指してアカデミーの訓練に励む。一方クルーズ船の乗組員になりすましコカインの密輸を行うレミーとコルトンの兄弟が、クルーズ船の操舵室をジャックする事件が発生。ホンドーは乗客を助けるため、自ら人質になる決断をする。

  • 第6話 ネバー・アゲイン

    第6話 ネバー・アゲイン

    ロサンゼルスのダイヤ地区で高性能のボディアーマーを着用した4人組による連続強盗殺人事件が発生。彼らが軍隊経験者であると踏んだホンドーたちは犯行手口から次の犯行現場をいち早く察知し、犯行グループの1人をその場で射殺。だがヘルメットを取ると若い女だったことがわかり、ホンドーは苦い思いを味わう。

  • 第7話 遺産

    第7話 遺産

    ネット業界を牛耳る大富豪タッカーの娘ローレンが、恋人と共に拉致される。犯人グループは動画でローレンに声明を読ませ、タッカーに貧困者への寄付を要求。その手口から、1974年にSLAが起こしたパティ・ハースト事件をまねていると予測し、ルカはハースト事件に関わっていた祖父の日記をもとにSLAのゆかりの場所を洗い出す。

  • 第8話 ティファニー・エクスペリエンス

    第8話 ティファニー・エクスペリエンス

    ジェシカは姪のエイミーに頼まれて、ティファニーという人気ブイロガーのイベントに行く。だがその会場で突然3人の男の間で銃撃戦が始まる。ファンがパニックになって逃げ惑う中、ジェシカは駆けつけたホンドーたちと共に3人のうち2人の男を確保したが、1人は逃がしてしまう。ティファニーに否定的なコメントを残した人物のファイルから、やがてピートという1人の男が浮かび上がる。

  • 第9話 休日

    第9話 休日

    ニアと過ごしていたホンドーに、妹のブリアナが電話で助けを求める。クラブで男に薬を飲まされ、襲われそうになったのだ。ホンドーが助けに向かい、ブリアナはレイプを免れたが、ホンドーは憤って犯人捜しを始める。ただし物的証拠がないため、その男リアムに直接会いにいき、「今度やったら殺す」と脅す。その話を聞いてニアは唖然。2人の関係に亀裂が入る。

  • 第10話 クリスマスの明暗

    第10話 クリスマスの明暗

    クリスマス・シーズン、ロス市警の科学捜査研究所を3人組の男が襲撃。裁判中や起訴前の証拠63個が盗み出され、職員2名が射殺されたうえに放火され、女性研究員レベッカが意識不明の重体に陥る。盗まれた証拠の中の1つ、殺人罪に結びつくDNAの持ち主であり裁判を控えた兄トニー・バーカーを救うために弟のコーリーが科捜研を襲撃した疑いが浮上する。

  • 第11話 学校

    第11話 学校

    2013年1月、リバーヒル高校で生徒2人が校内で銃を乱射し始める銃撃事件が発生した。ヒックスが指揮を執り現場へ急行したが結局6人が犠牲となった。6年後の現在、犯人の1人で死んだジェフの母エインズリーは、事件に関する講演を行っていた。彼女のもとにジェフを称えて「今日同様の事件を起こす」という手紙が届き…。

  • 第12話 メキシコ潜入

    第12話 メキシコ潜入

    メキシコ系ギャング「ロス・ウエソス」に潜入していたFBI捜査官クルスが、スパイだとバレて拉致される。彼を助け出すために、ジェシカとクリスは組織への潜入を試みる。ホンドーたちはロス・ウエソスのドラッグを売る学生たちを逮捕し、車の目撃証言をもとにギャングのアジトを探す。

  • 第13話 アンコール

    第13話 アンコール

    大企業の従業員が立て続けに拉致される事件が発生。ヒックスはバレット市長と共に5大企業のCEOと懇談し、声明を出したりはせず、すべて任せてほしいと要請する。しかし、そのうちの1社のCEOドウィットが警察を信用せず、記者会見を開いて犯人を刺激してしまう。

  • 第14話 Bチーム

    第14話 Bチーム

    女が車に向けて発砲し、車は衝突。乗っていた3人の男のうち2人が逃げ、1人はレコード店に人質と立てこもったが、かけつけたホンドーたちに銃を向けたため、射殺される。車から逃げた男は組織のリーダーで、核爆弾を作って沖縄の米軍基地を爆破する計画だと判明。事件を探っていたFBIテロ対策担当のエルは、ホンドーの元恋人であり、彼と15年ぶりに再会する。

  • 第15話 腐敗

    第15話 腐敗

    バレンタイン・デーに、ヒスパニック系住民が暮らす地区で、パトロール中の警官が3人組の男に射殺される。殺された警官は、以前クリスが警察犬担当だった頃に組んだことがあった。地元ギャングのリーダーが、幹部を殺された警官に逮捕されたことを恨んで、報復を口にしていたとの情報が入る。

  • 第16話 プライド

    第16話 プライド

    LGBTQのプライド・マンス中、ラブ・オールLAフェスティバルの前夜、極右的な内容で知られるラジオ放送を聞いた男が、ゲイの男性2人を轢き逃げするという事件が発生。翌日、この事件に激怒したファイナンシャル・アドバイザーの男がラジオ局を襲撃し、職員を人質に取って立てこもる。

  • 第17話 カージャック

    第17話 カージャック

    輸入高級車ばかりが次々に狙われるカージャックが発生。以前、車の窃盗団で潜入捜査をしたストリートは、その時に知り合った最新技術に詳しいブレインに情報を求める。ブレインは盗まれた車すべてに盗難防止対策として最新鋭のGPS装置が搭載されていることに気づき、追跡できないようにするためには衛星にハッキングする必要があることを指摘する。

  • 第18話 誘惑

    第18話 誘惑

    受刑者を乗せた護送車が走行中にロケットランチャーで爆破され、護送中だった凶悪犯が逃走。現場に捨てられていたロケットランチャーは、キャンプ・ペンドルトンから盗み出されたものであることがわかり、昔ソマリアでホンドーと同じ部隊にいた海兵隊のルイス曹長が捜査に加わる。ルイスはホンドーが兵役後あっさりと除隊したことが気に入らず、2人の間には今もわだかまりがあった。

  • 第19話 地元の絆

    第19話 地元の絆

    ルカとストリートの近所に住む少年ティモは、愛犬のおやつを買いに行った時に、移民局を名乗る男達が女性を車に押し込む場面を見てしまう。男たちに追われた少年はそのまま行方不明になり、心配した母親から助けを求められたルカとストリートは捜索に乗り出す。クリスも加わりティモの愛犬の鼻を頼りに捜すと…。

  • 第20話 ロケット燃料

    第20話 ロケット燃料

    ギャングの隠れ家で通称「ロケット燃料」と呼ばれる幻覚剤PCPが発見される。そのレシピは昔、シェフJという男が流行らせたものとまったく同じで、当時まだ子供だったタンは、ロケット燃料の過剰摂取で従兄弟を亡くしていた。シェフJは荒稼ぎした挙げ句に姿を消していたが、LAに舞い戻ってきた可能性が高くなり…。

  • 第21話 暗鬱な日

    第21話 暗鬱な日

    指名手配犯の中でただ1人逃げ続けていた凶悪な殺人犯の居所がわかり、ホンドーたちはあるアパートに急行。だが無関係な若い女性が巻き込まれて死亡し、ホンドーは任務に入る直前に母シャリースから緊急の電話を受け、それに動揺したことが原因で、突入計画に落ち度があったのではないかと厳しい追及を受けることになる。

  • 第22話 絶望の果てに

    第22話 絶望の果てに

    ホンドーはダリルの事件を担当する刑事から、彼のポケットに500ドルが入っていたと聞かされショックを受ける。またダリルを雇った配送トラックの運転手ホルヘは、銃声を聞いて駆けつけたときには集金箱がなくなっていて、撃った男はすでにいなかったと話すのだった。

  • 第23話 人民裁判

    第23話 人民裁判

    解放連合メンバーたちの公判前審問が開かれる中、突然シンキューが動画を配信し、目隠しをされた2人の市議会議員と、グウェン・ミラー助役の姿を映し出す。シンキューは「人民裁判」と称してストルーブ議員に有罪を言い渡し、その場で絞首刑にする。そしてマスクを取って顔をさらし、残る2人も1時間毎に1人ずつ処刑すると宣告する。