両替機わずか2分で…破壊し現金奪う コインランドリーの防犯カメラに映った手口

2020年10月27日 13:31
 名古屋市のコインランドリーに設置された防犯カメラが、犯行の一部始終を捉えていました。
 事件が起きたのは、名古屋市中川区のコインランドリー「あひるウォッシュ八熊通店」。

 10月15日の午前2時半ごろ、店内にジャージ姿にパーカのフードを深く被った人物が入店。

 すぐさま向かった先は、店舗の奥にある両替機です。

 事前に小銭を作っておくのかと思いきや、取り出したのは財布ではなく、バールのようなもの。

 すると、力を入れながらお札の投入口をいじりだしました。

 さらに奥を覗きながら、破壊を続けます。

 まもなくすると、立ち上がった人物。その手には現金が。

 枚数を確認しながらポケットにしまい、立ち去っていきました。

 犯行時間、わずか2分足らずでした。
 

防犯カメラの映像(店舗提供)

被害は過去にも…対策に追われる
 被害にあった店のオーナーは―

「中の1000円札を1万8000円分持っていかれました。今回のやり口はすごく周到というか、よく構造を理解した犯行ですね。めちゃくちゃに壊しても、普通は取れないと思います」(あひるウォッシュオーナー 今枝伸輔さん)

 さらに、先ほどの店舗から5kmほど離れた、名古屋市中区にある別の店舗でも、同じ日に両替機が荒らされる被害がありました。

 こちらもお札の投入口が壊され、3万円ほど盗まれたといいます。

「持っていかれた金額と、この機械自体が何十万もする機械なのでそれの修理代など、被害総額は25万円くらいです」(今枝さん)

 こちらの店舗では、2015年にも両替機荒らしに遭い、その際は、金属で補強するなどの対策を講じました。

 そして、今回は―

「今回と同じような方法でお金が持っていかれないように、見た目ではわかりませんが、金属のパーツで補強しています」(今枝さん)

 警察は被害届を受理し、捜査しています。

 両替機荒らしとのいたちごっこ。今回の対策がその終止符になるのでしょうか。

(10月27日 15:40~放送『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る