メ~テレの現場

メ~テレの現場で働く先輩たちに「就活」の前後をリサーチ! どんな個性が集まっているのか、すこ~しのぞいてみませんか?

メ~テレ採用トップメ~テレの現場 > 編成局 アナウンス部 鈴木 しおり

編成局 アナウンス部 鈴木 しおり

今はどんな仕事をしていますか?

夕方の報道番組「UP!」を担当しています。今日がどのような日だったのか、どんなことが起きたのか。“今”を切り取り、東海3県の皆さんにとって有益な情報を、正しく、分かりやすく伝えることが一番の使命です。 生放送は新鮮な情報が命。いきなり飛び込んできた情報も、慌てずに正確に伝えることがアナウンサーの仕事であり、醍醐味なのだと思います。

あなたの仕事にはどんな人が向いていますか?

気持ちが強い人。生放送では何が起こるか分かりません。失敗をしてしまった時、その気持ちを引きずってしまうと、それ以降の放送が台無しになってしまいます。本番中はうまく気持ちを切り替えて、放送が終わってからきちんと反省が出来る。前向きでメンタル面が強い人が、この仕事には向いていると思います。

仕事で印象に残ったことや感動したことを教えてください!

「UP!」の特集で、「ギターの弾き語りに魅了される人達」を扱った放送がありました。
それを見た私の母がそのギターのレッスンに通うようになり、「大げさかも知れないけど、人生が変わったの」と、目を輝かせながら言われました。
そのような人はきっと、母だけじゃない。テレビって、そういう力があるものだと思います。 自分が出来ることはとても小さなことかも知れませんが、私は、この仕事を誇りに感じています。

オフタイムの過ごし方は?

アナウンサーは、言葉を発する仕事、いわゆる「アウトプット」が基本の仕事です。
でも、仕事を始めて実感したのが、自分の中身がないと、言葉には説得力が生まれず、本当の意味で「伝えた」ことにならないということ。そのために必要となるのが「インプット」の時間です。休みの日は、映画を見たり本を読んだり、時には遠出をしたり、意識的に色々なものに触れるように心がけています。

メ~テレを目指すみなさんへ「ひと言」お願いします!

どんな仕事に就いても、大きな壁に遭遇して「やめたい」とか「逃げたい」と思う時は、きっと誰にでも訪れるはず。でも、逃げずにその壁を乗り越えられるのは、やっぱり「自分がやりたい仕事だから」だと思います。
名古屋という土地は、いい意味で大きくもなく、小さくもない。やりたいと思ったことを実行しやすい環境だと思います。ぜひ一緒に“やりたいこと”実現させましょう!

所属部署は2018年7月1日現在の情報です。

報道局 情報局 井上 真実 報道局 ニュース情報センター 高羽 佑輔 報道局 ニュース情報センター 豊吉 公彦 コンテンツビジネス局 映像コンテンツ部 神道 俊浩 コンテンツビジネス局 映像コンテンツ部 伊豫田 章悟 コンテンツビジネス局 映像コンテンツ部 馬渕 義史 コンテンツビジネス局 コンテンツプロデュース部 服部 保彦 コンテンツビジネス局 イベントコンテンツ部 安藤 全史

編成局 アナウンス部 望木 聡子 編成局 アナウンス部 鈴木 しおり 編成局 アナウンス部 濱田 隼

編成局 総合編成部 山田 未沙稀 編成局 メディアデザイン部 小林 晋尚 営業局 営業部 荒岡 浩輔 営業局 営業推進部 西田 拓朗

技術局 映像技術部 長田 圭介 技術局 技術戦略部 原 大智 技術局 放送業務 露木 雅弓