Message

社長メッセージ

「メ~テレはどんな会社ですか?」と問われたら、「変化を恐れずチャレンジする会社」と答えます。

皆さんこんにちは。メ~テレ社長の狩野隆也です。1983年に入社、営業・スポーツ・編成を歩み、2019年6月社長に就任しました。
どうぞよろしくお願いします。

2022年4月に開局から60年を迎えるメ~テレは、その歴史の中で、今が最も変化を遂げようとしている時期です。
放送を取り巻く環境が変わり、新型コロナウイルスによって社会構造や人々の生活様式が大きく変わりました。
私たちのビジネスのあり方も根本から変わろうとしています。
現在、メ~テレは新たなチャレンジを続けています。

2019年3月に立ち上げたキャンプとアウトドアを題材にした番組「おぎやはぎのハピキャン」は、番組を地上波で放送するだけでなく配信も行っています。
さらに、アウトドア情報に特化したWebメディア「ハピキャン~タカラモノを探しにいこう~」とも連動して、テレビの枠にとどまらない取り組みを行っています。
またメ~テレは、関連会社の名古屋テレビネクストで、CS放送にも取り組んでいます。
2010年に設立した“やんちゃな大人の刺激的なエンターテインメントチャンネル”「エンタメ~テレ」に続いて、2014年には“日本初のダンス専門テレビ局”「ダンスチャンネル」を開局し、コンテンツの出口を積極的に広げています。
変化を恐れずチャレンジしているメ~テレのことが、少しお分かりいただけたでしょうか?

さて、常に新たな取り組みにチャレンジしているメ~テレですが、もちろん報道機関としての本分にも力を入れています。
メ~テレの制作するドキュメンタリーは近年高い評価を得ており、2020年11月放送の「メ~テレドキュメント 面会報告」は、放送文化基金賞の番組部門「テレビドキュメンタリー番組」で最優秀賞を受賞しました。
またメ~テレは、名古屋地区で唯一の朝のローカル情報番組を30年以上放送し続けています。
月~金曜の朝6時から2時間放送している「ドデスカ!」は、名古屋の朝の顔としてすっかり定着し、2021年4月には土曜朝に「ドデスカ!ドようびデス。」をスタートしました。
夕方の情報番組「アップ!」は、「この街と、いっしょに。」をテーマに、東海地方の皆さんに役立つ情報を日々お伝えしています。

メ~テレの放送エリアは、愛知・岐阜・三重の東海3県です。
番組やイベントを通じて、地域の安全と安心を確保し、地域社会の文化や経済発展に貢献することが、私たちの役割です。
新しい経営計画のスローガンは「新発想でつくる 新発想で伝える」としました。
足元をしっかりと固めながら、未知の領域にもチャレンジをして、新たな価値を生み出せるよう変化を続けていきます。
メ~テレは、コンテンツビジネス・新規事業に加え、社内起業家制度や提案制度など、他局にはない多くの取り組みを行っています。
未来を自らの手で作り出す可能性が広がっています。
私たちと一緒になって、チャレンジしてくれる仲間をお待ちしています!