『入社2年目で勝ち取ったチャンス。自分の企画が実現していくってたのしい!』

2017年入社 営業部
北川咲絵

愛知県出身
スポットデスクとして営業外勤を支援

芽生えた “責任感”と”誇り“

- 就職活動ではどんなことを軸にしていましたか?

映像を観ることが好きでエンタメ、映画、音楽業界など何か映像に関わりたいなと思って就活していました。学生時代は、イベントサークルの広報でポスターデザインの勉強をしたり1年休学して韓国で働いてみたりとにかく気になったことを試していたんですけど、最終的に映像が好き!っていうのは変わらなくて。

- メ~テレを志望した理由は?

単純に、会社説明会ですごくテンションが上がったから。海外番販や映画製作の話を聞いてわくわくして、選考を受けていく中でも先輩の人の好さを感じて志望度が上がっていった感じですね。海外に向けたコンテンツビジネスがやってみたいなぁと思って入社しました。

- でも配属は営業へ

最初はテンション落ちましたよー!!数字を管理する部署なのに細かい数字を追いかけることが苦手で・・・CMの放送枠を管理し、スポンサーニーズを汲み取りながら売り上げの最適化を目指すことが仕事なんですがきちんと覚えるまでは大変でした。

- モチベーションってなんだったんですか?

あるタイミングで自分の担当エリアを任されたんですよね。このエリアは自分がきちんと管理して売上を作っていかないといけないという状況になったときに初めて責任感というものを感じました。いまでも苦手なのは変わらないんですけど(笑)、一方で仕事に対してすごく誇りを持てるようになりました。自社の売上の良い悪いだけではなく、世の中の市況やトレンドが見えるという点では面白いです。先輩とも仲が良くてランチで話を聞いてもらったりして救われています。

- 成長を感じたときは?

自分の仕事に責任を持って結果を出したいと強く感じたとき。なんか会社員になったなぁと(笑)あとは、営業の外勤の方と喧嘩腰にならずに建設的に話ができたときですかね(笑)

「社内提案制度」で勝ち取ったチャンス
自分の「だいすき!」を企画にしていくワクワク感がたまらない

- メ~テレにはどこの部署にいても企画提案できる「提案制度」*があります。
 北川さんはそれに去年提案して見事通過!どうして応募しようと思ったんですか?

普段の仕事も慣れてきて、自分のやってみたいことに挑戦してみたいと思ったんです。私、ミュージックビデオを観るのがだいすきで、うちの看板番組「ドデスカ!」のミュージックビデオがあったらおもしろいなと思って。どうせ通らないと思って出してみたら通過して、どうしようと思いました(笑)

*「社内提案制度」:部署やポジション関係なく企画を提案できる制度で審査に通るとその企画のプロデューサーとして実現できる制度。

- どんな企画?

学生に参加してもらい、ダンスをベースに「ドデスカ!」の爽やかさや楽しい雰囲気を伝えていくミュージックビデオを制作します。単純に私が好き・やりたいってだけではなく、ブランディングキャンペーンのプロデューサーとして若い人たちに対しメ~テレの明るいイメージを伝えていけたらと。

- 制作現場の経験がない中でのプロデューサー。社内調整も大変ですよね

たまにもう本当に無理!って思うときもあるんですが、自分が出した企画なので妥協せずになんとかやり切りたいんです。それぞれの分野でプロの方々が「北川がやりたいことを最優先して実現していこう!」っていう思いで支えてくださっていて、単純にたのしいし、すごく勉強になっています。

- 公開はいつ?

8月に撮影して9月末に公開です!自分がもともとだいすきだった監督やダンスの振付師さんと一緒に仕事ができてめちゃくちゃテンション上がっています、完成が楽しみです!!

自分の得意を生かせる海外へのコンテンツビジネス
やりたいことを諦めず、すこしずつ

- 休みの日は?

学生時代と変わらず、そのときに思いついたことをしています。大学時代の友達に会いに小淵沢(山梨)までふらっと行ったり、韓国にもよく遊びに行ったりします。この間はふと海に沈む夕日が見たくなって北陸までいきました(笑)で、なにか面白いドラマにハマると一日中引きこもっていたり。同期も仲良しで、アナウンサーの島津が「アタック25」に出演したときは島津の家で一緒に番組を見て盛り上がりました!

- 仲良し!!大切にしていることは?

公私ともに、現状満足せずにもっと良くするにはどうしたらいいかと考えることを心がけています。周りにいる人もポジティブな人が良くて、言われたままではなく自分の意志で何かを変えていこうとする人に囲まれて仕事したいですね。

- さいごに、今後挑戦したいことを教えてください!

入社当初やりたいっていっていた海外へのコンテンツビジネスは絶対やってみたいです!韓国はコンテンツマーケティングがすごく進んでいるのでその要素を取り入れてメ~テレのコンテンツを世界に発信していきたいなと。自分が良いと思うもの、すきなものをいろんな人に知ってもらう仕事を続けていきたいです!

※所属部署は2019年6月1日現在の情報です