-このページは放送時のものです-

ストーリー

第1話 『私は麦子よ』

2008年10月16日 放送

画像

市村麦子(アンジェラ・チャン)は普通の家庭で育った女の子。裕福とは言えないが、優しい両親と暮らす温かい家庭に麦子は幸せを感じていた。だがある日、黒い服を着た男が市村家に現れる。その男は市村夫妻に向かってこう告げた――“すみれ子さまをお迎えに参りました”

なんと、麦子が大富豪 紫堂雄三郎の孫娘“紫堂すみれ子”だというのだ!

早速、紫堂家へ引っ越すことを強いられる麦子。高級リムジンに乗って連れてこられた場所…そこは、見たこともないほど豪華な大豪邸であった。

第2話 『本当の居場所』

2008年10月23日 放送

画像

麦子(アンジェラ・チャン)が夢見ていた“お姫さまの生活”は、想像していた物とかけ離れていた。

大好きな両親とは自由に会うことができず、しかも紫堂家の後継ぎ候補である由基(ウーズン)からは“財産目当て”呼ばわりをされる始末。腹を立てた麦子は紫堂家を飛び出し市村家に戻ろうとする。秘書の森川に連れられ到着した場所は立派な豪邸の前であった。市村夫婦は社宅を引き払い、紫堂家から“麦子を育てたお礼”としてもらった豪邸に引っ越していたのだ。

第3話 『血縁だけが家族じゃない』

2008年10月30日 放送

画像

ある日、由基(ウーズン)は麦子(アンジェラ・チャン)に付き合って市村家へ向かう。麦子を1人で市村家に帰すまいと、紫堂雄三郎が由基に命じて同行させたのだ。生まれて初めて庶民の家庭を訪問した由基は、その“家庭の温もり”に心を和ませる。しかし、麦子が何かにつけて市村家へ戻ろうとすることに反感を抱いた紫堂雄三郎は、紫堂グループで働く市村夫婦をブラジルへ飛ばす計画をたてる。ブラジル行きを受け入れた市村夫婦は、麦子に何も告げず出発しようとしていた…

第4話 『仕組まれた婚約』

2008年11月6日 放送

画像

誰もいなくなった市村家の前で、由基(ウーズン)の肩にもたれて泣きながら一晩を過ごした麦子(アンジェラ・チャン)。しかしすぐに紫堂家の人間が現れ、屋敷へ連れ戻されてしまう。麦子はもう紫堂家の人間を信用できなかった。紫堂家を出るためのお金もなかなか貯まらずに悩んでいた麦子。そんなある日、麦子の寝室に見知らぬ男が現れ、500万円の小切手と引き換えに一晩一緒に過ごしてほしいと麦子に迫って来る…それは由基の弟、紫堂周平(ジョージ・フー)であった。

第5話 『近づく2人の距離』

2008年11月13日 放送

画像

無理やり迫ったことで麦子(アンジェラ・チャン)に怖い思いをさせてしまった周平(ジョージ・フー)は、謝罪をするために麦子のもとを訪ねる。だがちょうどその時、麦子はサウナ室にいた。周平が突然訪ねてきたせいでサウナ室を出るに出られず、麦子はとうとうその場で倒れてしまう。その姿を見た周平は慌てて助けを呼びに行く…

医者から“安静にさせておけば問題ない”と言われ安心する由基(ウーズン)と周平。しばらくして目を覚ました麦子は、自分と由基の婚約が決まったことを由基に打ち明ける。

第6話 『金より大切なもの』

2008年11月20日 放送

画像

由基(ウーズン)には、自分の家柄が原因で友人に裏切られたつらい過去があった。「紫堂家の人間に友達なんていない」と寂しそうに言う由基。由基が紫堂家を去りたがる理由を知った麦子(アンジェラ・チャン)は、ウソの婚約で由基を困らせたことを後悔する。彩人に相談を持ちかけても、「じいさんの決めたことは絶対に変えられないから諦めろ」と言われるばかり…

一緒にいる時間が長くなるにつれ、だんだん由基に惹かれていく麦子。婚約の日が迫り、麦子は複雑な心境になっていく。

第7話 『由基の目的』

2008年11月27日 放送

画像

由基(ウーズン)の企画した歓迎パーティで楽しい時間を過ごした麦子(アンジェラ・チャン)。翌日目を覚ますと、そこはホテルのベッドの上であった。しかも隣にはなぜか彩人(ケルビン)の姿が…実はすべて、由基が麦子との婚約を取り消すために立てた計画であった。麦子と彩人が一緒に寝ている写真まで撮られ、麦子の心はひどく傷つく。

そんな事件があったことなど知らない紫堂家では、麦子のお披露目パーティの準備が着々と進められていた。

第8話 『婚約解消』

2008年12月4日 放送

画像

婚約が解消されたことを知った由基(ウーズン)は、婚約解消を残念に感じている自分に驚く。一人になって自分の気持ちを整理しようと思い、紫堂家を出て車を走らせる由基。だがそれを「家出」と勘違いした雄三郎は怒りに震える。由基を助けたいと思った麦子(アンジェラ・チャン)は、雄三郎の注意を引きつけるために自分が「エサ」となる方法を思いつく。それは、自分が家出をすることであった。行方不明になった2人を、みんなはひどく心配する…

第9話 『第2の後継者』

2008年12月11日 放送

画像

婚約が彩人(ケルビン)と麦子(アンジェラ・チャン)によって仕組まれたものだと知った由基(ウーズン)。「金のために婚約をしていたのか…」由基はこの事実を受け入れられなかった。麦子は事のわけを必死に説明するが由基の怒りはおさまらない。落ち込む麦子を慰めようと、彩人は麦子を外に連れ出す。プレイボーイで知られる彩人が麦子と一緒にいることを知った雄三郎は、彩人が麦子を狙っているのではないかと疑い彩人を呼び出す。

第10話 『気づいた本当の気持ち』

2008年12月18日 放送

画像

「由基が交通事故に遭った」

周平から聞いたその知らせに麦子はひどく驚く。急いで病院に向かう麦子。病院に到着後、麦子はそこで初めて事故の知らせがウソだったことを知る。実は、麦子の由基に対する想いを確かめるために周平が仕組んだことだったのだ。麦子の本当の気持ちが分かった周平は、由基と麦子の仲を取り持とうとする。だが家に戻ると、そこには由基からの置き手紙が…由基は家を出ていってしまったのであった。

第11話 『未来へのカギ』

2009年1月8日 放送

画像

麦子と由基は互いに両思いであることは認めたものの、由基が紫堂家の後継者にさせられることを避けるため、自分達の関係を雄三郎に隠していた。

そんな中、由基は麦子のためにデートを計画。彩人達の協力もあり、2人は楽しいひと時を過ごすことができた。

そんなことはすべてお見通しの雄三郎は、なんと、この2人の親密そうな様子を写真に撮った者に懸賞金を与えると言い出す。2人の親密現場をおさえようと、無数のカメラが2人を追う…

第12話 『本物のすみれ子 現る』

2009年1月15日 放送

画像

雄三郎の目を避けながら密会を続ける麦子と由基。2人が仲良くしている現場をなかなか押さえることができない雄三郎は、どうにかして2人に相思相愛であることを認めさせたいと考えていた。

ある日、麦子のクラスに宮原麻里という女の子が転入してくる。麻里と仲良くなった麦子は、麻里が自分と同じ生年月日であることを知る。

「こんな偶然ってあるのね!」

そんな話で盛り上がっていたのもつかの間、麦子は突然 雄三郎に呼び出される。なんと、麻里が本物の紫堂すみれ子だと言うのだ!

第13話 『恋のライバル出現!?』

2009年1月22日 放送

画像

本物のすみれ子が現れたことで、紫堂家を出ていかなければならなくなった麦子。だが由基のもとを離れたくない麦子は紫堂家に留まるため、自分を紫堂家にいさせてほしいと雄三郎に頼み込む。

メイドとして働くという条件で紫堂家を離れずには済んだものの、麦子は麻里と由基が婚約させられるのではないかと心配でならない。そこで、「由基と婚約しないでほしい」と麻里に頼むが、麻里も由基が好きなのだと聞かされ、麦子はますます焦りだす。

第14話 『ニセすみれ子の企み』

2009年1月29日 放送

画像

すみれ子であることを証明するハート型のアザが麻里の体にないことを知った麦子は麻里を問い詰めるが、意外なことに、麻里は自分がニセモノであることをあっさり認める。「紫堂家の財産が目当てで紫堂すみれ子を名乗ってこの家に来たのね?」と訊ねる麦子。ところが、麻里の口からは麦子が予想もしていなかった答えが返ってきた…

「私が本当に欲しいのは由基よ!」

麦子は麻里がニセモノであると雄三郎に訴えるが、まったく信じてもらえない。

第15話 『恋の死闘』

2009年2月5日 放送

画像

由基の提案により週末を別荘で過ごすことになった由基と麻里。この2人だけで別荘に行かせてはなるまいと、雄三郎は麦子と彩人を同行させる。麦子は由基の誤解を解くため由基に何度も話しかけるが、まったく話を聞いてもらえない。

「本気で麻里を好きになっちゃったの?」

麻里に優しく接する由基の姿に、やるせない気持ちになる麦子。さらには、由基と麻里が同じ部屋で一夜を過ごすこととなり…

第16話 『もう1つのろまんす』

2009年2月12日 放送

画像

由基と麻里が一緒にいるということに耐えられない麦子は、由基に話をしようと、夜中に寝室を抜け出し由基たちの部屋へ向かう。必死になって事情を説明しようとする麦子。ところが由基は麦子の話をまったく聞こうとはしない。麦子に対して冷たい態度をとる由基に腹を立てた彩人は、麦子を連れて部屋に戻ろうとする。その時、麻里が突然 麦子たちを呼びとめ、涙を浮かべながら言った…

「彩人と同じ部屋で寝るなんて許さない!」

第17話 『紫堂家 追放』

2009年2月19日 放送

画像

紫堂家の跡継ぎになるつもりがないことを雄三郎に打ち明けた由基と彩人。それを聞いて激怒した雄三郎は、由基、彩人、麦子を紫堂家から追い出し、麻里もこの3人と一緒に紫堂家を後にした。

臨時の宿泊先として4人が向かったのは高級ホテル。宿泊費を心配する麦子をよそに、「金のことは任せろ」と慣れた様子でホテルスタッフにカードを渡す彩人。

ところが、そのカードは使用不可能だと言われてしまう。なんと、雄三郎によって口座が凍結されていたのだ。

第18話 『どんなにつらくても』

2009年2月26日 放送

画像

紫堂家を離れて以来、毎日就職活動に勤しむ由基。なんとか仕事は見つかったものの、毎晩ひどく疲れた様子で帰宅する由基を見て麦子は心配する。しかも由基の手には毎日すり傷が絶えない。

「一体 何の仕事をしているの?」 気になった麦子は、ある日こっそり職場に向かう由基のあとをつけていく…そして麦子が見たのは、建設現場で汗まみれになって働く由基の姿であった。

一方、彩人と麻里は、由基や麦子の苦労を気にかけることなく、自由気ままに買い物を楽しんでいた。

第19話 『守りたいもの』

2009年3月5日 放送

画像

由基の就職がやっと決まり、同居生活も順調の麦子と由基。その様子を伺いに、森川は2人のもとを訪ねるが、意志の固い2人を紫堂家に呼び戻すことはできそうにない。由基の仕事も軌道に乗り、このまま順調にいくと思っていた矢先、雄三郎が突然 病に倒れてしまい、意識不明の状態に…

今の生活を捨てて紫堂家に戻り、後継者になろうと心に決めた由基であったが、麦子はそれを許さなかった。そこで麦子が出した結論とは…?

第20話 『夢をのせて』

2009年3月12日 放送

画像

紫堂グループの後継者になるために試験を受ける決意をした麦子。ところが試験に出る内容は政治やら経済やら難しいことばかり…

苦労する麦子を見て由基はひどく心配する。しかし、こんなことで簡単に負ける麦子ではなかった。病に倒れた雄三郎のために、そして夢を追う由基のために、試験までの限られた時間を勉強に費やす。

そして迎えた試験当日。彩人らに見守られ、麦子は試験会場に向かう。はたして試験の結果はどうなるのか。そして麦子と由基の結末は…