「緊急事態」の週末 名古屋の動物園は来園者減少 「まん延防止」岐阜・高山市も閑散 三重では見回り実施

2021年5月15日 18:36
 今月12日に愛知県に「緊急事態宣言」が出されて初の週末を迎え、名古屋の観光地は人出が少ない状態です。

【愛知】名古屋・千種区の東山動植物園は、今月の土日は事前予約が必要です。

 事前予約して15日に来園した人はおよそ4000人で、先週の土曜に比べて26%減っています。

 通常、土日は待ち時間が発生する人気のレッサーパンダ舎もきょうは待ち時間はありませんでした。

【岐阜】「まん延防止等重点措置」が適用されている岐阜県では、大型連休ににぎわった高山市が閑散としています。

 高山市や下呂市など6つの市と町があすから「まん延防止等重点措置」の対象区域に指定されます。

 15日午後に開かれた対策会議では、酒を扱う業者や旅館などに、独自に一時金を支給することを決定しました。

【三重】津市では県の職員が海岸や河川敷を見回りました。

 三重県では、大人数かつ長時間のバーベキューや食事会が原因とみられるクラスターが発生しています。

 見回りは県内14の海岸や河川敷で行われました。

これまでに入っているニュース

もっと見る