岐阜県が緊急事態宣言要請へ 15日にも政府へ要請する意向示す 

2021年5月15日 08:47
 岐阜県の古田肇知事は、県内の感染者が増加している状況などから、岐阜県を緊急事態宣言の対象に追加するよう、政府に要請する方針を明らかにしました。

 「緊急事態宣言という言葉をきちんとお伝えしたいと思っています。私どもの考えとして。」(岐阜県 古田肇知事)

 岐阜県の古田知事は、14日に行われた専門家会議後に、県内の感染状況などを踏まえて、15日にも政府に対して、岐阜県を緊急事態宣言の対象地域に追加するよう要請する方針を明らかにしました。
 
 岐阜県では、9日からまん延防止等重点措置が適用されていますが、8日連続で感染者が100人を超え、14日には過去最多となる155人の感染が確認されました。

 また、県内の病床使用率は、13日時点で62%となるなど、政府の分科会が示す「ステージ4」に相当する状態が続いています。

 岐阜県は15日午後に、本部員会議を開き、自治体と協議を行うということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る