-このページは放送時のものです-

NorBAC=北アメリカバイオテクノロジー諮問委員会という、
細菌テロや未知のウイルスなどを総合的に扱う研究所の主任科学者である、
デビッドのもとに集まった個性豊かな科学者達が、
行き過ぎたバイオテクノロジーが引き起こす“感染”の恐怖と、
その原因を調査し、真実を明らかにしていく…。

科学者メンバー
  • デビッド・サンドストロム(ピーター・アウターブリッジ)
  • 役職NorBAC主任科学者
  • 専門分子生物学
  • 特徴切れる頭脳と行動力、カリスマ性があリメンバーから慕われている。
    仕事中心の生活ゆえ、私生活は荒れている。
    女性にもいい加減だが、どこか憎めないキャラクター。先妻との間に娘がいる。
  • カルロス・セラーノ(コンラッド・プラ)
  • 役職メンバー唯一の医師
  • 専門遺伝子、細胞学
  • 特徴メキシコ出身。NorBACのナンバー2的な存在。主任のデビッドをサポートし、海外調査も任せられる実力派。
    落ち込んだデビッドのために手料理を振る舞ったりと、公私ともにデビッドを慕う。
  • メイコ・トラン(メイコ・ニュイエン)
  • 役職コンピューター解析を得意とする。IT全般に精通。
  • 専門生物情報学
  • 特徴バンクーバーで育ったヴェトナム系カナダ人。
    正義感と負けん気が強く、それゆえデビッドと衝突することもあるが、彼の才能とカリスマ性に惹かれている。
  • ボブ・メルニコフ(ドミトリー・チェボヴェツスキー)
  • 役職NorBAC随一の天才肌。独自のひらめきでウイルスを解明していく。
  • 専門生化学
  • 特徴社会性や適応力が欠如する反面、得意分野や興味あるものに強い集中力を示すアスペルガー症候群を持病に持つ。香水作りに情熱を注ぐ。
  • ジル・ラングストン(サラ・ストレンジ)
  • 役職Season1-5話よりNorBACの一員になる。
    分子生物学とウイルス学の博士号を修めた秀才。
  • 専門ウイルス学
  • 特徴史上最悪の死者を出したスペイン風邪の研究とワクチン製作をライフワークと
    する。
本部メンバー
  • キャロライン・モリソン(マキスム・ロイ)
  • 役職NorBAC所長
  • 専門所員の統括だけでなく、政府や国連、各種機関との折衝を一手に担う。
  • 特徴強い責任感ゆえほかの所員との衝突を繰り返す。
    特にデビッドとの対立も多いが、お互いプロフェッショナルとして認め合っている。
  • ウェストン・フィールド(グレッグ・ブリック)
  • 役職所長キャロラインを補佐する。
  • 専門所長アシスタント
  • 特徴科学者ではないが、迅速かつ厳密なリサーチ力とキャロライン譲りの交渉力を持ち、NorBACを広くサポートする。