晴れ着問題の「はれのひ」 帰国次第社長を聴取へ
 今年1月、成人式の振り袖が届かないなどの被害が相次いだ問題で、着物レンタル会社「はれのひ」の社長が海外にいることが分かりました。警察は社長が帰国し次第、事情聴取する方針です。  着物レンタル会社「はれのひ」の篠崎洋一郎社長(55)は、今年1月末に記者会見を開いて以降、行方が分からなくなっていました。篠崎社長は22日、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴを出発し、ロサンゼルスを経由して現在日本に向かっています。「はれのひ」を巡っては成人の日に突然営業をやめ、新成人が振り袖を着られないトラブルが相次ぎました。捜査関係者によりますと、篠崎社長は23日に帰国し、警察が銀行から融資をだまし取った詐欺の疑いで任意で事情を聴く方針です。
更新時間:2018年06月23日 12:33