宮腰大臣“談合”企業から献金 事務所「返還する」
 宮腰沖縄・北方担当大臣が代表を務める政治団体が、談合したとして行政処分を受けた企業から献金を受けていたことが分かりました。宮腰大臣側は「返還する」としています。  宮腰大臣が代表を務める政治団体「自民党富山県第二選挙区支部」は、公正取引委員会の行政処分を受けた企業から献金を受け取っていました。献金は2014年からの3年間で合わせて36万円に上ります。宮腰大臣の事務所によりますと、当該の企業が行政処分を受けた事実を知らず、第三者からの指摘を受けて企業側に確認したということです。宮腰大臣の事務所は「受け取った献金は返還することで業者と合意しました」とコメントしています。
更新時間:2018年10月20日 01:20